« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月 9日 (日)

【音楽史読書】2.古代エジプトの音楽(2)

古代エジプトには、その3,000年の歴史の中での文字や図像の不変ぶりから、3,000年のあいだ時間が止まっていたような印象を受けます。
しかしながら、あらためて歴史を勉強しますと、その激動ぶりに驚かされます。
とくに、紀元前900年頃以降は、それまでの古代エジプト語を母語とした王権ではなく、ヌビア〜アッシリア〜ペルシアの侵攻と支配が続き、様式は守られつつも、美術は写実性を帯びたものに、文字は簡便なもの(デモティック)に遷移して行きます(山花京子『古代エジプトの歴史』 慶應義塾大学出版会 2010年)。

『エジプト神話集成』に訳の掲載されたテキストは、年代のわからない「後期エジプト選文集」を除き、外からの支配に置かれる以前のエジプトの状況を反映しています。「後期エジプト選文集」も、文中に現れる神や作物の名まえから、他の作品の書かれた時期(前20世紀〜前12世紀くらいの範囲)に収まるものが大部を占めるものと思われます。

そこで、シュメルのときと同じように、前回拾い出した内容を、【演者・奏者と奏楽の場】・【楽器】・【演奏スタイル】〜またはジャンル〜という具合に分けておきます。期間は800年の長きにわたるものを同一平面に置くことにはなりますが、それでもシュメルとの傾向の違いが、わりと明確になるように思います。・・・今回は出典と年代も付記しておいてみます。文も極力省略せずにおき、分けた項目に関係するものに色をつけてみます。


【演者・奏者と奏楽の場】
(2) これらの女神たちは、踊り手に姿を変えて出発いたしました。(『ウェストカー・パピルスの物語』前20世紀)
(4) 女楽師たちは(今でも)〈宮殿の奥の婦人部屋に〉(坐って)いる。(だが)〈彼女たちの歌うのは、かつて石臼ひきの婢が歌っていたような嘆きの歌なのだ。〉(『イブエルの訓戒』前23~21世紀)
(5) 見よ、七弦琴(も)知らなかったものが(今では)竪琴[ハープ]の所有者だ。自分のために歌うことをしなかったものが(今では)楽の女神を称えている。(同上)
(6) それから領主は、そばにはべらせていたエジプト人の歌い女ティネトネウトを「かれのために歌え、かれの心から心配ごとを忘れさせよ」と言って私のもとに送ってきた。(『ウェンアメン旅行記』前1080頃)
(7) 歌と踊りと香(煙)とは神の食物であり、平伏されることは神の財産である。(『アニの教訓』前1500年代)
(11) われ、汝の美に酔い、楽人の竪琴に手をやりて汝のため歌わん。(『単一神への讃歌』前1300年頃)
(12) (列席した王女たちによる合唱)(『セド祭の碑文』前14世紀)
(13) 首席典礼司祭はミンの舞踊の歌を誦す(『ミンの大祭の碑文』前12世紀)
(14) 庭園にあるミンのための舞踏の歌(同上)
(15) ・・・いま、貴官家の中にじっと坐し、娼婦どもにとりまかれ(『後期エジプト選文集』)


【楽器】
(1) がらがらシストルム(「シヌヘの物語」前1950年前後)
(3) がらがら(『ウェストカー・パピルスの物語』前20世紀)
(5) 見よ、七弦琴(も)知らなかったものが(今では)竪琴[ハープ]の所有者だ。(『イブエルの訓戒』前23~21世紀)
(11) われ、汝の美に酔い、楽人の竪琴に手をやりて汝のため歌わん。(『単一神への讃歌』前1300年頃)
(12) 汝の美しき顔にシストルムを(『セド祭の碑文』前14世紀)
(15) ワル(という)横笛に合わせて歌を口ずさみ、竪琴[リラ]に合わせて吟誦し、ネチェク(木楽器)に合わせて歌う/腹の上で太鼓をたたいたり(『後期エジプト選文集』)


【演奏スタイル】~またはジャンル~
① センウセレト1世への讃歌(「シヌヘの物語」前1950年前後)
② シヌへの心境吐露の詩(同上)
・(付番漏れ)歌、踊り、音楽、喝采、(要するに)王のためになされるようなありとあらゆる物音(『ウェストカー・パピルスの物語』前20世紀)
(9) 夜暗きときうたう(『アメン・ラー讃歌1』前1238頃)
(10) 四回くりかえす。『アメン・ラー讃歌2』前16世紀と推定)
③(解説)讃歌の中心をなす「勝利の歌」は「われは来れり。汝をして………せしめんがために」をくり返すことによって韻律を整え、格調ある詩をつくりだしている。(『トトメス三世讃歌』トトメス三世の在位は前1490~1436頃)
④(解説)最近の研究によれば、古代エジプト人の文章はほとんどすべての場合、われわれにその詳細は不明であるとはいえ、一定の韻をふんでいるとみてよいとのこと(『セド祭の碑文』前14世紀)
(15) 貴官は笛に合わせて歌い、ワル(という)横笛に合わせて歌を口ずさみ竪琴[リラ]に合わせて吟誦し、ネチェク(木楽器)に合わせて歌うことを教わった。いま、貴官は家の中にじっと坐し、娼婦どもにとりまかれ、立ったりはねたり[……]そうかと思うとこんどは(中略)腹の上で太鼓をたたいたりする。(『後期エジプト選文集』)
〜『後期エジプト選文集』に
 *軍歌1編
 ~「この軍は無事に帰ってきた」のリフレイン7節
 *民謡恋歌7編
 *竪琴の歌1編


神の音楽というスタンスが濃かったシュメル(とりあえずのまとめは、http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/15-c263.html)と対比しますと、エジプトはもう同時期に人が音楽の主体だとの観念があったとの印象を受けます((4) や(5) が、既に前2000年前後のものです)。(4) にある「石臼ひきの婢が歌っていたような嘆きの歌」という表現には、それだけで魅き込まれるものがあります。
讃歌は神々の他に王を称えるものであった点は、シュメルと同様で、讃歌というジャンルの起源の古さを感じさせます。
軍歌の発生は、シュメルよりあとのバビロニアあたりから、対比すべきものを探し当てるべきかと思います。
シュメルのときにも感じたのでしたが、楽器や演奏法については、文学には図像ほど豊かな情報はないものなのでしょうか。楽器は文ではその形が描ききれませんし、演奏法は具体性をもって語るのはもっと難しいのですね。これはもちろん今でも事情は変わりませんが。

この時期の音楽を図像を中心に詳しく教えてくれるのは、マニケ『古代エジプトの音楽』(松本恵訳 弥呂久 1996年)で、考古学の成果に依る様々な推測はたいへん貴重なものだと思っています。そちらの参照を、しかし必要最少限にとどめて、図像は『人間と音楽の歴史』のエジプトの巻に重きをおいて、また次から演者や演奏場所や楽器、音楽様式を具体的に観察して、『集成』への読解をちょっとだけでも深めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

【音楽史読書】2.古代エジプトの音楽(1)

「エジプトはナイルの賜」と言いならわされています。
この言葉は、本当は、ヘロドトスの『歴史』では「こんにちギリシア人が通航しているエジプトの地域は」(松平千秋 訳、第二巻五節)との限定がつきます。そしてそのナイルの賜の地域は「エジプト人にとっては新しく獲得した土地なのである」(同上)だとも言われています。
定期的に大規模な降水を起こすナイルは、じっさい克服困難であったのでしょう。
新石器時代から農耕文明の発展までに、エジプトにはメソポタミアでは見られない、大きな空白がみられるとのことです。
すなわち、メソポタミアでは旧石器時代から新石器時代を経て灌漑農業の大規模発展に至るまでの遺跡が段階的継続的にみられるのに対し、エジプトでは新石器時代の遺跡がたいへん稀で、前4500年頃の遺跡に突如として灌漑農耕文化の出現が見て取れるのだそうです(小川英雄『古代オリエントの歴史』p.11、p.32)。

いったん文明が栄え出した後のエジプトには、完成されてしまった象形文字、すなわちヒエログリフがあり、それがエジプトの滅亡まで三千年も使われていたほど、エジプトの文化は安定を誇ったのでした。そうは言っても、この長い時のあいだにはエジプトなりの激変が何度もあり、王朝交代の狭間の混乱や、外来の人々の侵攻による衰微も経験し、その経験がエジプトに豊かな精神を育んだものと推測されます。
文学の翻訳を集めた『エジプト神話集成』(杉勇・尾形禎亮訳 ちくま学芸文庫 2016年9月 訳業は1978年)の収録作品も、古代エジプト人の精神の襞(ひだ)を多様に刻んでいるものと見受けます。

楔形文字が一様の言語を表わしているわけではないため素人には敷居が高いのに対し、エジプトのヒエログリフは独学でも音くらいは読めるようになるほどの入門書が、日本語でも豊富に出ています。文字が具象的な絵柄なのも、人気に拍車をかけているのでしょう(※)。
その歴史についても、私の子供時代(1970年前後)に比べ編年が格段に正確になり、新王国時代以後について信頼できる啓蒙書が出版されたりしているのも目にしました(山花京子『古代エジプトの歴史―新王国時代からプトレマイオス朝時代まで』慶應義塾大学出版会 2010)。

古代エジプトの社会や文明の様々な側面を詳しく教えてくれる本もまた、メソポタミア関係よりも、はるかにたくさんあります。音楽に関しても、リーセ・マニケ『古代エジプトの音楽』の訳書(松本恵訳 弥呂久 1996)があって、前はこれを斜め読みして大喜びしていたのでしたが、このたびは、先にあげた『エジプト神話集成』を中心に、古代エジプトの音楽を覗いて行きたいと思います。


『エジプト神話集成』から拾い出しますと、作品の文中で直接に楽器や歌唱に触れたものは、15ヶ所でした。作品は31編と、同じ出版社が文庫化した『シュメール神話集成』(同16編)のほぼ倍、ふられているページ数も696頁(『シュメール神話集成』は318頁)と、これまたほぼ倍であるにもかかわらず、文の量としては半分、すなわち密度は(単純にみて)4分の1になっています。
古代エジプト人は、シュメル人に比べて、音楽に対する関心が低かったのでしょうか?
そこはこれから見て行くわけですが、決してそうではなかったはずだ、とは思っております。残された壁画には豊富な種類の楽器も描かれていますし、拾い出したものを見れば、歌謡もふんだんにあったらしいことは推測出来るはずです。とくに「民謡と恋歌」は『エジプト神話集成』の本文中の添え書きで、編者が「今から四千五百年も以前の歌謡は、他の世界ではみられないものである。」と述べています。(ただし、いま、民謡などの訳そのものは書き出しませんでした。)
古代エジプト人が音楽する姿を文に述べることが少ないのは、(15)に抜き出したものなどを見ると、音楽に対する価値観がシュメルとはちがったからではないか、という気がしています。古い文では音楽は神が楽師に姿を変えて奏でていたりしますので、言いきれることではないのかもしれませんが。このあたり、追々確認して行きます。

文の抜き出し方はシュメルのときと同じですが、オリジナルの行数は訳書中にかならずしも明記されていませんので、代わりに訳書中の何ページにあるかを記しました。


「シヌヘの物語」(前1950年前後、中王国時代)
①(センウセレト1世への讃歌) p.12~13
②(シヌへの心境吐露の詩) p.17~19
(1) メニト首飾りやがらがらやシストルム p.25

『ウェストカー・パピルスの物語』(前20世紀 第12王朝期成立?説話は前25世紀?)
(2) これらの女神たちは、踊り手に姿を変えて出発いたしました。 p.40
(3) (一行は)かれに、メニト首飾りとがらがらをさしだしました。 p.40
・[付番を漏らしました。]歌、踊り、音楽、喝采、(要するに)王のためになされるようなありとあらゆる物音 p.42

『イブエルの訓戒』(第19~20王朝時代の筆写、成立は第一中間期~中王国初頭 前23~21世紀)
(4) 女楽師たちは(今でも)〈宮殿の奥の婦人部屋に〉(坐って)いる。(だが)〈彼女たちの歌うのは、かつて石臼ひきの婢が歌っていたような嘆きの歌なのだ。〉 p.91
(5) 見よ、七弦琴(も)知らなかったものが(今では)竪琴[ハープ]の所有者だ。自分のために歌うことをしなかったものが(今では)楽の女神を称えている。 p.97

『ウェンアメン旅行記』(前1080頃)
(6) それから領主は、そばにはべらせていたエジプト人の歌い女ティネトネウトを「かれのために歌え、かれの心から心配ごとを忘れさせよ」と言って私のもとに送ってきた。 p.172

『アニの教訓』(新王国時代 前1552~1070頃、第18王朝期【前1500年代】)
(7) 歌と踊りと香(煙)とは神の食物であり、平伏されることは神の財産である。 p.241
(8) サルは、母(猿も)もてなかった曲杖[メケルという踊りに用いる杖]をもつ。 p.256

『アメン・ラー讃歌1』(前1238頃)
(9) 夜暗きときうたう歌い手、かれのものなり。 p.389

『アメン・ラー讃歌2』(前16世紀と推定)
(10) 四回くりかえす。 p.415

『単一神への讃歌』(前1300年頃)
(11) われ、汝の美に酔い、楽人の竪琴に手をやりて汝のため歌わん。 p.440

『トトメス三世讃歌』(トトメス三世の在位は前1490〜1436頃)
③(解説)讃歌の中心をなす「勝利の歌」は「われは来れり。汝をして………せしめんがために」をくり返すことによって韻律を整え、格調ある詩をつくりだしている。 p.689

『セド祭の碑文』(前14世紀)
(12) (列席した王女たちによる合唱)「汝カーのために。/汝の美しき顔にシストルムを、/またメニト飾り[イシスのシンボルの首飾り]と鉤錫を。 p.464
④(解説)最近の研究によれば、古代エジプト人の文章はほとんどすべての場合、われわれにその詳細は不明であるとはいえ、一定の韻をふんでいるとみてよいとのこと p.690

『ミンの大祭の碑文』(前12世紀)
(13) 首席典礼司祭はミンの舞踊の歌を誦す p.468
(14) 庭園にあるミンのための舞踏の歌 p.471

『後期エジプト選文集』
道楽者の書記官にあてた非難
(15) 貴官は笛に合わせて歌い、ワル(という)横笛に合わせて歌を口ずさみ、竪琴[リラ]に合わせて吟誦し、ネチェク(木楽器)に合わせて歌うことを教わった。いま、貴官は家の中にじっと坐し、娼婦どもにとりまかれ、立ったりはねたり[……]そうかと思うとこんどは(中略)腹の上で太鼓をたたいたりする。 pp.484-5

⑤軍歌1編
〜「この軍は無事に帰ってきた」のリフレイン7節 p.495

⑥民謡と恋歌7編

⑦竪琴の歌1編


※ 私は現状中途半端ですが、ヒエログリフの勉強には、文法も分かりやすく体系的にまとめているものがいいなあ、と思っています。
それを勘案してのおススメは
吉成薫『ヒエログリフ入門 古代エジプト文字への招待』弥呂久 1988年初版 2001年新装版
です。いまでも入手可能です。新手のものがいろいろ出てきましたが、文法を順を追って丁寧に教えてくれるものは他にありませんでした。練習問題の解答もあり、後半の読解編の丁寧な解説もありがたいです。巻末の文字一覧、ヒエログリフ・日本語辞書がオーソドックスなものであり、本文中でその引き方も教えてくれていることに、後続他書の追随を許さないアドバンテージがあります。
字が小さくてしんどいときには、大判の
吹田浩『注記エジプト語基礎文典』 星雲社 2009年
があります。文法についてより新しい知見も盛り込まれています。文字一覧と辞典については吉成著と同じ構成です。字は見やすいです。練習問題の解答はありません。
まず主要な文字の音を知りたい、欲張るならヒエログリフが読めた気になりたい、というときには
松本弥(わたる)さんの
『ヒエログリフを書いてみよう読んでみよう』白水社 2001年
が断然お薦めです。2012年に新装版が出たようです。同じ著者による類書も、親しみやすいものばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ