« 【恥を忍んで】アマオケのコンマスについて | トップページ | 「魔弾の射手」序曲〜C.クライバーのリハーサル(2)呈示部 »

2016年8月16日 (火)

「魔弾の射手」序曲〜C.クライバーのリハーサル(1)序奏部

21n8g7b83wl

カルロス・クライバーには「魔弾の射手」全曲録音の他に、序曲を南ドイツ放送響 (現:シュトゥットガルト放送響)とリハーサルした映像があります。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00008Z6VA
1970年、カルロス40歳の時のもので、DVDには2回分おさめられていますが、1回目の内容を譜例とともにあげておきますので、どうぞ演奏のご参考になさって下さい。譜例でスペースを取りますので、2、3回に分けて掲載したいと思います。

譜例はウェーバーの自筆譜によります。
↓ここにあります。
http://imslp.org/wiki/Der_Freisch%C3%BCtz,_Op.77_(Weber,_Carl_Maria_von)

今回は、序奏部分。各箇条の数字は小節番号です。

【序奏部】
1:出だしが早すぎる(タクトを置いてすぐに音が出たとき)〜コンマ3、4秒くらい待って出たのを「Ja」とする。
3:第1ヴァイオリンの旋律は2回目がピアニシモだから弱くし過ぎないで。2回目で「希望の火が失われる」
長めのクレッシェンド(1〜2)も1回目に出し過ぎないで。2回目(5〜6)で倍にする。

1
(1〜8小節)

15〜16:ホルン3番、ここでブレス必要?(ブレスしてほしくない)〜その後、奏者は16小節まで吹いてブレスするようにしている(楽譜は1・2番がin F、3・4番がin Cです。)
1516
(15〜17小節、ホルン)

22:低弦が強すぎる
25:(ホルンの)旋律の終わりは1拍目だが弱く
2225_2
(22〜25小節、ホルン・弦楽器)


31:クラリネット頑張って。(33小節目の2拍目ではっきり出るよう指示している)〜この写真のいちばん上がクラリネット。
31
(31〜36小節)

・・・続く。(【呈示部】

|

« 【恥を忍んで】アマオケのコンマスについて | トップページ | 「魔弾の射手」序曲〜C.クライバーのリハーサル(2)呈示部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208675/64068711

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔弾の射手」序曲〜C.クライバーのリハーサル(1)序奏部:

« 【恥を忍んで】アマオケのコンマスについて | トップページ | 「魔弾の射手」序曲〜C.クライバーのリハーサル(2)呈示部 »