« 「アルルの女」組曲とストーリー | トップページ | 「魔弾の射手」序曲〜C.クライバーのリハーサル(1)序奏部 »

2016年7月21日 (木)

【恥を忍んで】アマオケのコンマスについて

7月の3連休、10年来Y市がなさっているイベントオケにお邪魔させて頂いて、僭越にもコンサートマスターなるものをさせられ・・・もとい・・・させてまで頂けて、まあヤバかったのでありますが、ご一緒した某先生がちょっとおだてて下さいまして、考えなくちゃあなあ、と思いましたので、標題のようなことを少しだけおしゃべりします。

私はプロではありませんから、プロのことは分かりません。
アマチュアのオーケストラと言っても、プロの方をコンマスにお招きしているところがたくさんありますが、当然、そういう立場でもありません。本職の方に比べたら、弾く技術は、様々な面で劣っています。
それから、オーディションをなさるような、周りが「バリバリ演奏できる」団体のメンバーでもありません。
上のような団体のケースには、私の申し上げることは当てはまらないと思いますので、そういう団体にご所属の方には鼻で笑って頂きたいと存じます。

3項目だけで、簡単に、と致します。
もっと突っ込んだことが言えるくらい賢いといいんですが・・・(>_<)

1)なんで第1ヴァイオリンのやつがコンマスなのか
・・・オケの中で、統計的に、いちばんたくさん音符が書き込まれているからなんでしょうねぇ。だから曲全体で他のパートのメンバーよりもまんべんなく「曲のフォロー」が出来るし、裏返せば、そういうフォローを望まれるから、なんでしょう。
でも、ヴァイオリンのないところではそれは出来ないわけですから、そんなところにまでしゃしゃりでるのかどうかは時と場合によります。これはひとまとめにはできないので省きます。

2)んで、なにをするのか
どんなに優れた指揮者さんでも、曲のニュアンスまで指揮しなければならないとなると、拍を振っているとは限りません。そういうときの、あいまい拍・緩急のフォローが初歩なのかな。そんだけといえばそんだけです。
アマチュアの場合、オーバーアクションのほうがいいようですね。ただし指揮者のなさることを逸脱してはいけない。これが難しいかも知れません。(指揮者が絶対、と言いたいのではありませんので、ご勘案下さい。・・・と、この言い方もなんだか厄介! なによりも、信頼関係は絶対に必要です!)
で、アクションは、ニュアンスもやんないと周りに叱られます。
単純に拍をとる動きをするのでは、単純な例で言うと、たとえば穏やかな場所で、トンガった、はっきりしすぎる動きをするのではNGです。・・・でも、これはわりと「やっちまう」ので気をつけなければなりません。

3)最も気をつけなければならないのは
まず自分のパートの「あたしより弾ける人」ですね。
なぜか。
コンマスもヴァイオリンを弾いてるんだけど、ヴァイオリンのパートをしっかり弾くこと、が、アマオケの場合はコンマスのお仕事ではありません。
(プロさんだったら当たり前にできるのですが、アマは自パートを弾くことに気をとられると、コンマスまで努めなければ、となったら、能力的にオーバーフローします。)
んで、あたしのような能無しの場合、全体を気に留めようとすると、まず自分の弾く部分については落ちまくります。それを、「あ、落ちた」と周りに・・・団員さんにも、お客さんにも・・・見破られてはなりません。ですから、曲から外れないように、つっかえずに動き続けます。
こんなとき、自分のパートについては、おまかせしっぱなしに出来る人がいるのが、たいへん心強い、ということになります。
でも、弾ける人は、弾けるだけに、放っとくと、突っ走って行っちゃうんですよ。
そのへんが、プロ団体だとちょっとありえないことなんですけれど、アマオケは全体にもたもたしておりますので(って、メンバーさんごめんなさい!!!)、突っ走りは「おお、あの人すごい!」となってしまって、全体がそれで壊れることには誰も気付かないことがよくあります。これは、せっかく巧みに弾いて下さるそのメンバーさんに、実はいちばん申し訳ないことだと思っています。
弾ける人が弾いて下さることを大事にするときに、その人が「曲」を置いて先に走り去ることは、ほんの1音符であっても、絶対に防がなければなりません。
いちばんミクロなことなんですけれど、ここをなんとかしておかないと、悲惨なことになります。
それでも短期決戦の(数日、数時間の練習で本番に至る)時は、他にもう手が打てないので、
「そこはまかせる!」
流れで行くのがよろしいようです。
「もう、バリバリ先に行って!」
では矛盾するようですが、抑えようと思って引っぱってもいいことはありません。弾ける人の細かい音符は「立つ」ので、主要部分ではだいたいみんなそれに引っ張られます。
走られて混乱する兆しがコンマ1秒でもある時は、早めに悟って、こちらのアクションで、 なんとしてでも抑えます。そのときだけアクションする、そういう時に限ってアクションする、ということで、コンマスとしては、アクション自体を全般に抑え気味で設計しておく必要に迫られます。・・・これ、とっても大事です。なかなか「うまくいったなぁ」と思えることがありません。
長期決戦(の練習回数が多い)ときは、ポイントをちゃんと協議しお互い納得しあえるかどうか、にかかっていますが、私はあんまり協議する方ではないので、まあ、いけませんですねぇ。心を入れ替えなければならんと思っております。でも身内のメンバーさんはみんな素直でいいかたなので、あんまり心配になったことがないんですよね。
で、以上のことをした上で、弦の他パートに向けても、木管パートに向けても、距離の遠い金管パート、打楽器セクションに向けても、バリバリの人にどうノビノビしてもらえるか、一方でどう抑制もしてもらえるか、を、常に考えていなければならんわけですが・・・
そのためには「曲全体」の地図を自分の頭の中になるべく細かく書き込んでおく必要に迫られるのであります。
私の場合のそのへんを喋ってしまうと、底の浅さがバレバレになるだけですので、どうぞ、追求せんといて下さい。
なので、対他パート編は、いずれなにか具体例を見つけるまで、述べずにおきます。

・・・こんなんで分かるかしらん?

|

« 「アルルの女」組曲とストーリー | トップページ | 「魔弾の射手」序曲〜C.クライバーのリハーサル(1)序奏部 »

コメント

同オケにてVn2トップを担当させていただいたぴかりんです。
Y市にてお世話になりました。
深夜に弦楽五重奏版『ベト8』をご一緒させていただいたのはよい思い出です。

たまたまブログを発見して思わず書き込んでしまいました。
ではまたどこかで♪

追伸 飲みすぎ注意!

投稿: ぴかりん | 2016年7月23日 (土) 02時27分

ぴかりんさん

わ〜やばいありがとうございます! (>_<)

また一杯、もとい! (>_<)
いっぱい遊んでやって下さいね〜〜〜〜!
皆様に宜しくお伝え下さいませ!

投稿: ken | 2016年7月23日 (土) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208675/63943774

この記事へのトラックバック一覧です: 【恥を忍んで】アマオケのコンマスについて:

« 「アルルの女」組曲とストーリー | トップページ | 「魔弾の射手」序曲〜C.クライバーのリハーサル(1)序奏部 »