« 【1月24日(日)】大井浩明さん「カーゲル全ピアノ作品」(POC第25回公演) | トップページ | ペーター・シュヴァルツと札響のモーツァルト【日本のオーケストラのCDを聴く】 »

2016年1月31日 (日)

フランツ・リストの管弦楽曲について(メモ)

お仲間の皆様へ

交響詩『レ・プレリュード(前奏曲)』をとりあげることになりましたので、フランツ・リスト(1811〜1886)の管弦楽曲についてのメモを載せておきます。Liszt_2

幸いにしてリストの伝記は日本の研究者による新しめのものが出ています(福田 弥『リスト Franz LIiszt』作曲家◎人と音楽シリーズ、音楽之友社 2005)ので、ぜひご一読下さい。(Amazonではもう中古品出品となっているのですね! http://www.amazon.co.jp/dp/4276221803/
このメモは、上記伝記の作品表から手短にまとめたものです。

リストの管弦楽作品を網羅的に修正したCD等は、現在なかなか入手出来ません。しかしながらリストの(ピアノとの協奏的作品を含む)管弦楽作品は優れたものが多く、この機会にぜひお探しになってみて下さることをお勧めします。

【交響詩】
「交響詩」をリストが創案したことはご存知の通りですが、『レ・プレリュード(前奏曲)』以外にはあまり馴染まれていないのではないかと思います。私も4、5作しか聴いたことがありません。
リストの交響詩は全部で13あるそうです。
完成年順に並べると、次の通りです。
・『タッソ 嘆きと凱旋』(G2)稿1849、第2稿1854
・『プロメテウス』(G6)初稿1850、第2稿1857
・『人、山上にて聞きしこと』(G1)初稿1850、第2稿1856
・『英雄の葬送哀歌(英雄の嘆き)』(G4)初稿1850、第2稿1856
・『マゼッパ』(G7)1854
・『オルフェウス』(G9)1854
・『ハンガリー』(G13)1854
・『レ・プレリュード』(G3)1855
・『理想』(G15)1857
・『フン族の戦い』(G17)1857
・『ハムレット』(G22)1858
・『祝宴の響き』(G10)1853〜61、第2稿1861?
・『揺り籠から墓場まで』(G38)1882
最後の作を除き、わりあい集中的に創作された様子が、完成年代から伺われます。このあたりの経緯は上記伝記の作品解説(p.208以下)を参照下さい。
なお、オーケストレーションについてはリストの弟子によるものだったのではないか、と言われていましたが、福田著の伝記によれば、この点は弟子に管弦楽法を学んだとはいえ最終的にリスト自身が修正を加えたものが初版として出版されたことが明らかになった、とされています(p.208参照)。

【標題交響曲等】
・『ダンテの神曲による交響曲』(G14)1856
・『ファウスト交響曲』(G12)初稿1857、第2稿1861
・『レーナウの「ファウスト」から二つのエピソード』(G16)1861
  第2曲が「メフィスト・ワルツ」として有名なものです。
・『ふたつの伝説』(G27)1863・・・残念ながらこれも私は未聴です。
  1)波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ
  2)小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ

【ピアノ独奏との協奏的作品】
・ベルリオーズの『レリオ』の主題に基づく交響的大幻想曲(H2)1834
・ピアノ協奏曲第1番(H4)1835〜56
・ピアノ協奏曲第2番(H6)1839〜61
・ピアノ協奏曲 遺作(Q6)1839
・『ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン』演奏会用大パラフレーズ(H7)1841
・死の舞踏(H9)初稿1847?、第2稿1862?
・大幻想曲『さすらい人幻想曲』(H13)1851
・ベートーヴェン『アテネの廃墟』による幻想曲(H9)1852
『さすらい人幻想曲』はシューベルトの歌曲の主題によるもので、リストのこの作品はたいへんな傑作だと思います。

これで全部ではありませんので、上記伝記の作品表で確認下さいませ。

リストが「標題」をどう考えていたか、は、かなり前に綴りましたので、ご興味に応じてご参照下さい。でも、自分でもあんまり読み返したくない、くどい文章です!(笑)
・・・リスト考11 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/11-6eba.html

|

« 【1月24日(日)】大井浩明さん「カーゲル全ピアノ作品」(POC第25回公演) | トップページ | ペーター・シュヴァルツと札響のモーツァルト【日本のオーケストラのCDを聴く】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランツ・リストの管弦楽曲について(メモ):

« 【1月24日(日)】大井浩明さん「カーゲル全ピアノ作品」(POC第25回公演) | トップページ | ペーター・シュヴァルツと札響のモーツァルト【日本のオーケストラのCDを聴く】 »