« 旧校訂系の楽譜成立への小さな推測:【楽譜の問題】モーツァルト「ハフナー交響曲」(7) | トップページ | 最終回!【3月21日(金)】大井浩明さん:ピアノソナタ全32曲連続演奏会~様式別・時代順のフォルテピアノ(古楽器)による~ »

2014年3月17日 (月)

Ich hatte viel Bekümmernis BWV.21(バッハのカンタータを聴いてみる)

合間を見て、クリストフ・ヴォルフ『ヨハン・セバスティアン・バッハ 学識ある音楽家』(原著2000年 秋元里予訳 春秋社 2004年)により、できるかぎり初めての演奏の年月日順に聴いていってみる。
とりあえずヴァイマル時代以降のものを、作曲年・教会暦順に。(知識が無いのでいろいろ狂うかもしれない)

Ich hatte viel Bekümmernis(BWV21) 「われは憂いに沈みぬ」

【概要】
初めて演奏された日は三位一体主日(Trinity Sunday、ペンテコステの翌日曜日)後の第1日曜日。西方教会だけの祝日(ペンテコステは復活祭から五十日目の日曜日)。
神には父と子と聖霊の三つの位格があるとの教えを記念する。(八木谷涼子『キリスト教歳時記』平凡社新書156頁による。)
曲は二部構成。
第1部はハ短調を基本とし、「私」の思い煩いを描く。
第2部はイエスに呼びかけ、逡巡を経て思い煩いから解き放たれ、天国の慰めを明るく信じてしめくくる。 第2部になると変ホ長調に転じ光が射すように聴かせる(が、本来は第1部が終わった後説教が入る)。
第2部2曲目(全体では8曲目)のソプラノとバスのやりとりする二重唱は、歌詞の応酬が面白く、またそれが容易に聴き取れる。ソプラノが「ja(英語ならyes)」と歌っているとき、バスが「nein(英語ならno)」と歌う。簡潔な副詞の行き来であるため、(あたくしのような)語学音痴でも面白さが充分に分かる。
コーラスはすべてポリフォニック(対位法的)で、第1部・第2部それぞれの終曲が小フーガになっている。
管楽器は終曲に至る前までせいぜいオーボエが出てくるのみで、それが全体の終曲でトランペットとティンパニが入る効果をいっそう際立たせる。(シュヴァイツァー情報だと,ティンパニのオリジナルは見つかっていないとのことなので、誰かが補ったのだろうか?)
終曲は「バッハのハレルヤコーラス」とでも呼びたくなる輝かしさ、壮麗さがある。

【内容】
演奏:1714年6月17日
(IMSLPの記載)
作曲の時期 :1713-14
初   演 :1714-06-17 in Weimar
初版の年  :1855 (BGA)
作詞者等  :Psalms(詩篇) 94, 42, 116.  
Revelations 5:12-3. Salomo Franck;
Georg Neumark (9th movement only)

【YouTube】

Performed by La Chapelle Royale & Collegium Vocale Gent under the direction of Philippe Herreweghe.
Recorded by Harmonia Mundi France in 1990.
http://www.youtube.com/watch?v=ln9MBa8lXV4


【器楽編成】
オーボエ、弦五部、通奏低音(オルガン)
終曲にトランペット3、ティンパニ、ファゴット(トロンボーンが合唱をなぞる?)

【構  成】
調 C minor
楽章数/曲数 2 Parts, 11 movements
Erster teil
 1. Sinfonia ハ短調
 2. Chorus: Ich Hatte viel Bekümmernis in meinem Herzen ハ短調
 3. Aria (Soprano): Seufzer, Tränen, Kummer, Not ハ短調
  シュヴァイツァーが【苦悩の諸モチーフ】に引く(第23章、下104頁)。
 4. Recitativo (Tenor): Wie hast du dich, mein Gott
 5. Aria (Tenor): Bäche von gesalznen Zähren ヘ短調
 6. Chorus: Was betrübst du dich, meine Seele
  へ短調~ハ短調~変ホ長調~ハ短調(フーガ)

Zweiter teil
 7. Recitativo (Soprano, Bass): Ach Jesu, meine Ruh 変ホ長調~変ロ長調
 8. Aria (Duet, Soprano, Bass):
   Komm, mein Jesu, und erquicke; Ja, ich komme und erquicke
   変ホ長調(歌詞のやり取りが面白い ja対nein)
   8分の3拍子の中間部を持つ
 9. Chorus [+Chorale]: Sei nun wieder zufrieden, meine Seele ト短調
 10. Aria (Tenor): Erfreue dich, Seele, erfreue dich, Herze ヘ長調
 11. Chorus: Das Lamm, das erwürget ist ハ長調
  (Allegroからフーガ)
   トランペット3本とティンパニ、ファゴットが加わる

【使用コラール】
 9番:「ただ主に依り頼み」 第2節、第5節 および詩篇116,7使用
    Wer nur den lieben Gott läßt walten
    (ゲオルク・ノイマルク 1657年)
   「バッハ コラール・ハンドブック」142番、286頁
   ただし第1節の詞のみ記載
  同コラール使用作品:
    四声コラール集 BWV434
    オルゲルビュヒライン BWV642
    コラール編曲 BWV690,691
    カンタータ88、93、197番


【記事】
ヴォルフ
「自筆で作曲年が書き込まれているのは次の4曲だけである。すなわち、1714年のBWV21とBWV61、そして1715年のBWV185とBWV132。(略)これらの演奏年月日にもかかわらず、BWV21のほとんどの楽章は、この作品の、1714年6月17日より前に書かれた、作曲年月日が断定できない版に関係している。(253頁)

シュヴァイツァー(※)
マッテゾンはバッハが1720年ハンブルクに滞在したおりに演奏したと思われるバッハ作のカンタータ「われに多くのわずらいありしが」Ich hatte viel Bekümmernis(21番)を取りあげ,その歌詞の取り扱いかたの欠陥を暴露している.すなわちバッハは合唱団に全部の歌詞を歌わせる前に先ず(Ich, ich, ich)「われ、われ、われ」という連絡のない言葉を3度も繰り返させていること【2番の合唱】,また他の箇所においては内容に反して,歌詞を分割している,というのであった.(第10章 上169頁)


Ich hatte viel Bekümmernis(21番)は早くからバッハ=フランク(作詞者)のカンタータの中で最も有名な作に数えられている。スコアの自筆の標題は Per ogni Tempo. Concerto a 13 : 3 Trombe, Tamburi, 1Oboe, 2 Violini e Viola, Fagotto e Violoncello, 4 Voci con Continuo di J.S.Bach Den 3ten post Trinitatis 1714(日本語訳省略)となっている.あらゆる調査にかかわらず,ティムパニのパートが発見せられないままになっている.しかしある程度バッハのやり口に通じた人は,これを補うのに困難を感じない.ともかくもティムパニは絶対に欠けてはならぬ。(第24章 下126〜127頁)


カンタータにおいて――ブランデンブルク協奏曲の場合のように――バッハは,管弦楽に対すると同様に、合唱に対しても非常にしばしば総奏とソロのアンサンブルを以って操作している。リピエニストがいつ加わり,いつ退くべきかを,彼は普通ただ口頭によって規定したのであった。しかし幸いなことに,これに関する暗示も各パートの中に含まれている。彼が独奏と総奏との交替を要求している例には次のものがある.(略)Ich hatte viel Bekümmernis(第21番)の合唱「ああ,わがたましいよ,何ぞうなだるるや」Was betrübst du dich【6番〜独唱で始まる】(第35章 下416頁)


【楽譜】
IMSLP
http://imslp.org/wiki/Ich_hatte_viel_Bek%C3%BCmmernis,_BWV_21_%28Bach,_Johann_Sebastian%29

(総譜)
Bach-Gesellschaft Ausgabe, Band 5 (pp.ii, 64)
Leipzig: Breitkopf & Härtel, 1855. Plate B.W. V.
〜新全集は https://www.baerenreiter.com/noten/produkt/?artNo=BA5055_01


(IMSLP上記からの引用・転載)
Commentary on the movements

    Sinfonia. This perhaps may have been written for the Weimar performance. A slow piece with Oboe and first violin in prominent solos.

    Chorus: Ich Hatte viel Bekümmernis in meinem Herzen. Mattheson criticized this movement for its use of repetition ("Ich, ich, ich"). In two parts: a choral fugue; then, after a transition, a vivace polyphonic section.

    Aria (Soprano): Seufzer, Tränen, Kummer, Not. Includes an obbligato oboe part with a notably 7-measure opening solo. An extremely expressive movement: "It might be considered one of the most moving arias that Bach ever wrote"1.

    Recitativo (Tenor): Wie hast du dich, mein Gott. A recitative stromentato with strings providing the harmony for the tenor.

    Aria (Tenor): Bäche von gesalznen Zähren. The rivers of tears are the fount of the motives of this movement, which changes to a more excitable temperament at "Sturm und Wellen mich versehren"

    Chorus: Was betrübst du dich, meine Seele. Dürr calls this a "fantasia and fugue." The fugue is a textbook (literally) permutation fugue; the fantasia is a free, expressive movement.

Sermon
    (7) Recitativo (Soprano, Bass): Ach Jesu, meine Ruh. A dialogue between Seele and Jesu. The form is not consistently applied (obviously) through the cantata, which makes this a rather strange appearance. Again, the strings provide a foundation.
    (8) Aria (Duet, Soprano, Bass): Komm, mein Jesu, und erquicke / Ja, ich komme und erquicke. This is exactly like a neapolitan love duet in an opera, with the imitation, thirds, and rhyming ends of phrases.
    (9) Chorus [+Chorale1]: Sei nun wieder zufrieden, meine Seele. A chorale motet. Imitative structure, which gradually builds up to a (originally) final climax.
    (10) Aria (Tenor): Erfreue dich, Seele, erfreue dich, Herze. A tenor aria with only continuo; also the only aria not preceded by a recitative in this cantata. A very spirited movement, it is full of exuberance in the tenor line and leaping continuo line.
    (11) Chorus: Das Lamm, das erwürget ist. This starts with a chorale, but ends with a very large fugue, which also builds up to a large climax to conclude the piece.

Version History
    9 Movements (I-IX), 1713? — "possibly a dialogue cantata for Soprano and Bass" 1. Very few traces left.
    Chrysander mentions a C Minor version supposedly performed for his audition at Halle later in 1713. This might include the last two movements and accompanying enlargements
    Weimar, 1714 — a D Minor version, of which no traces survive except Bach's note of its occurence.
    Revivals occured numerous times, an unusual occurence. One was even during Bach's tenure in Cöthen.
    June 13, 1723 in Leipzig is another, which was Bach's 3rd Leipzig cantata presentation. C minor again, with the extra four trombones (!). This is the version used. Probably there were several performances of this version.

【関連サイト】
 葛の葉さん
 http://www.kantate.info/21.htm
 http://www.kantate.info/taiyaku.htm#21(対訳)
 http://www.kantate.info/NBA_cantata_list.htm#BWV21


※ シュヴァイツァー『バッハ』の訳書は、普及している白水社版ではなく、辻荘一・山根銀二訳の岩波書店版二巻本(1955、58年)を参照している。

|

« 旧校訂系の楽譜成立への小さな推測:【楽譜の問題】モーツァルト「ハフナー交響曲」(7) | トップページ | 最終回!【3月21日(金)】大井浩明さん:ピアノソナタ全32曲連続演奏会~様式別・時代順のフォルテピアノ(古楽器)による~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ich hatte viel Bekümmernis BWV.21(バッハのカンタータを聴いてみる):

« 旧校訂系の楽譜成立への小さな推測:【楽譜の問題】モーツァルト「ハフナー交響曲」(7) | トップページ | 最終回!【3月21日(金)】大井浩明さん:ピアノソナタ全32曲連続演奏会~様式別・時代順のフォルテピアノ(古楽器)による~ »