« 鷗外の「オルフェウス」(4)〜未定訳稿はウィーン版短縮版だと思います | トップページ | 【9月23日(祝)】第2回 大井浩明さん:ピアノソナタ全32曲連続演奏会~様式別・時代順のフォルテピアノ(古楽器)による~ »

2013年9月17日 (火)

9月18日「ドビュッシーのグラナダ・シンドローム」

今日・・・というか昨日、偶然に知ったコンサートなのですが、ご紹介致します。
明後日ぢゃなくて、もう明日になってしまったんですけれど。

青柳いづみこさん
◆ピエルネ生誕150年記念・CDアルバム『ミンストレル』発売記念
    「至福のデュオ」連続コンサート

が、
<第1夜>「ドビュッシーのグラナダ・シンドローム」
9月18日(水)19:00 白寿ホール

<第2夜>「モーツァルトとピエルネの親和性」
9月20日(金)19:00 浜離宮朝日ホール

の二晩で開かれるのですが、その<第1夜>のほう。

20130612223328ff5
第1日目は
第1部 ピアノ+2台ピアノ
 【独奏】
  ドビュッシー:「ヴィノの門」・「とだえたセレナーデ」・「グラナダの夕」
 【二台ピアノ】
  ラヴェル:「ハバネラ」
  ドビュッシー:「リンダラハ」・「白と黒で」
第2部 ヴァイオリン+ピアノ
  ファリャ:スペイン舞曲(「はかなき人生」より、クライスラー編)
  グラナドス:アンダルーサ(クライスラー編)
  ドビュッシー:オーリッジ:セレナーデ(東京初演)
  ドビュッシー:レントよりおそく(レオン・ロック編曲)
  ドビュッシー:ミンストレル
  ラヴェル:ツィガーヌ
の構成です。

第2部が面白そうなのは言うまでもなく!

第1部の2台ピアノで青柳さんと共演される法貴彩子(ほうき さやこ)さんは、京都で大井浩明さんとマーラー「交響曲第7番」で共演なさったり、私のサトで開催されている仙台クラシックにご出演なさったりしていて、私の中で個人的に大注目株・・・だなんて失礼僭越なんですが、すごく楽しみな音楽家さんでいらっしゃると思っております。
高校をご卒業なさってご自身の意志でパリに留学なさり、あちらで勉強なさった努力家でいらっしゃいます。
青柳さんとの共演はフランスご縁かと推察しております。

このコンサートは青柳さんがフランス時代の同級生でイザイ弦楽四重奏団を創設したフランスのヴァイオリニスト、クリストフ・ジョヴァニネッティ氏とご一緒に演奏なさる面白いシロモノなのですが、そこに法貴さんも2台ピアノの作品でお出になるのは、東京やその周辺のフランス音楽好き人間には聞き逃せない大きなチャンスだと思います。

まだチケットあるかしらん?

行ってみたいな♪

コンサート情報はこちら(全指定席5,000円、通し券8,000円)
http://www.ondine-i.net/concert/
ぶらあぼ記事
http://www.ondine-i.net/concert/kiji/130918-bravo.html
音楽の友記事
http://www.ondine-i.net/concert/kiji/130918-ontomo.html

法貴さんプロフィールはこちら。
http://www.jso-music.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/%E6%B3%95%E8%B2%B4-%E5%BD%A9%E5%AD%90-%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8D-%E3%81%95%E3%82%84%E3%81%93/

白寿ホール

Hakuju_2
地図部分を選んでケータイのボタンを押すと、出来るだけの拡大図で見られます。

千代田線「代々木公園駅」出口1から歩5分
小田急線「代々木八幡駅」南口から歩5分

 

|

« 鷗外の「オルフェウス」(4)〜未定訳稿はウィーン版短縮版だと思います | トップページ | 【9月23日(祝)】第2回 大井浩明さん:ピアノソナタ全32曲連続演奏会~様式別・時代順のフォルテピアノ(古楽器)による~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月18日「ドビュッシーのグラナダ・シンドローム」:

« 鷗外の「オルフェウス」(4)〜未定訳稿はウィーン版短縮版だと思います | トップページ | 【9月23日(祝)】第2回 大井浩明さん:ピアノソナタ全32曲連続演奏会~様式別・時代順のフォルテピアノ(古楽器)による~ »