« シェーンベルク「月に憑かれたピエロ」 | トップページ | 【7月1日】東京ムジークフロー第49回定期演奏会(13:30〜杉並公会堂) »

2012年5月20日 (日)

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウを悼む(若干補)

5月18日、名バリトン歌手、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ氏が86歳で逝去なさったニュースは、クラシックファンならあまねくご承知のことと思います。

バリトン歌手としては20世紀最大の歌手ではなかったかと思います。
言葉の意味までを歌であらわしてしまえる希有な能力をお持ちのお一人でした。
それで理が勝ってしまったときには歌が冷めて聞こえることもありましたけれど、歌詞に初々しい青春の苦みが籠められているものには絶唱とでも呼ぶべきものを録音にあまた残して下さいました。

私たちが子供時代からたくさんの喜びを味合わせてもらってきた、20世紀後半期の巨匠が、またひとり、地上から消え去ってしまいました。大変寂しく思います。

私自身は歌劇ではヴァーグナー「トリスタンとイゾルデ」でのマルケ王のこの人ならではの気高さ、歌曲ではマーラーの「さすらう若人の歌」の純情な悲しみを噛み締めながらの歌唱がたいへんに好きでした。

アルバムでは、シューベルト三大歌曲集の中でも、マーラーと通底する精神で書かれた「美しき水車小屋の娘」(ジェラール・ムーアの伴奏)をいちばんの名盤としてあげたいと思います。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00005FHWG

アルフレート・ブレンデルとの「冬の旅」映像に付せられたリハーサルも、歌を自家薬籠中にした彼に、ブレンデルが逐次歌い回しのポイントを適切に感じ取りながらピアノパートを熱心に仕上げて行く・・・フィッシャー=ディースカウもまた添えに応えていっそうのドラマ作りをしていく、非常に興味深く勉強になるものです。ブレンデルの方も(ピアノで)歌っちゃうところが、伴奏を逸脱していると言えば逸脱しているかもしれないけれど、それでも構わないフィッシャー=ディースカウの歌唱の許容範囲の広さもあって、伴奏らしい伴奏で歌うのとは違った前向きなぶつかりあいと立体的な調和があって、フィッシャー=ディースカウがこの歌曲集を収録した中では案外最高の出来なのではないかと感じました。本来別の歌手の「冬の旅」を贔屓していたのですけれど、あらためてこの組み合わせで拝聴して、希有なことだと思いました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B004XKBAZ2

小さな歌曲にこそ唸らせられる歌唱が多いのも、これだけの名人ならではでした。
彼によるシューベルト「野ばら」は、この作品にもっとも似つかわしいものだと信じております。探したら、静止画像ですがYouTubeにアップされていました。



哀悼の言葉は、人づてにバイエルン国立歌劇場がネットに掲載した誠意に溢れたものを拝読しました。

平易なドイツ語ですので、そのまま引用させて頂きます。オリジナルはリンクからご覧下さい。

http://www.bayerische.staatsoper.de/861-bXNnX2lkPTE0NTQ5-~Staatsoper~bso_aktuell~aktuelles_detail.html

               

Trauer um Dietrich Fischer-Dieskau

Die Bayerische Staatsoper trauert um den Bariton Dietrich Fischer-Dieskau. Am Morgen des 18. Mai verstarb der Bayerische Kammersänger im Alter von 86 Jahren in Berg am Starnberger See.

„Der Tod von Dietrich Fischer-Dieskau ist ein großer Verlust für die gesamte Musikwelt. Er hat durch seine Interpretationen im Liedgesang und in der Oper die Kunst des Singens entscheidend geprägt. Der heutige Liedgesang wäre ohne die Prägung durch Dietrich Fischer-Dieskau nicht denkbar. Die Bayerische Staatsoper trauert um einen ihrer wichtigsten Künstler überhaupt“, so Intendant Nikolaus Bachler.

Dietrich Fischer-Dieskau wurde in Berlin geboren. Seine Gesangsausbildung erhielt er bei Georg A. Walter und später bei Hermann Weißenborn an der Berliner Musikhochschule. Mit einem ersten Liederabend im Jahr 1947 und einem Engagement an der Städtischen Oper Berlin begann seine erfolgreiche internationale Karriere. Gastspielverträge führten ihn an renommierte Opernhäuser, u.a. an die Staatsopern von Wien, München und Hamburg sowie an die Londoner Covent Garden Opera, in die New Yorker Carnegie Hall und zu den Festspielen von Bayreuth und Edinburgh. Vor allem auch durch seine Interpretationen im Liedfach setzte er bis heute bleibende Maßstäbe, die New York Times kürte ihn sogar zum „besten Liedsänger der Welt“.

Über viele Jahre hinweg pflegte Fischer-Dieskau eine intensive und künstlerisch produktive Verbindung zur Bayerischen Staatsoper. Bereits 1952 sang er hier die Partie des Jochanaan (Salome), 1959 wurde er zum Bayerischen Kammersänger ernannt. In fünf Jahrzehnten sang er hier rund 20 Partien, darunter Mandryka (Arabella), Barak (Die Frau ohne Schatten), Almaviva (Le nozze di Figaro), Sprecher (Die Zauberflöte), Amfortas (Parsifal), Hans Sachs (Die Meistersinger von Nürnberg) und die Titelpartien von Gianni Schicchi und Falstaff. Unvergesslich bleiben seine Verdienste um das zeitgenössische Musiktheater, allem voran seine Darstellung des König Lear in der gleichnamigen, 1979 in München uraufgeführten Oper von Aribert Reimann. 1992 gab er seinen Abschiedsliederabend im Nationaltheater, am Silvesterabend desselben Jahres beendete er hier seine Gesangskarriere mit einem Galakonzert unter der Leitung von Wolfgang Sawallisch. Nach seinem Abschied als Sänger arbeitete er ist als Dirigent, Rezitator und Buchautor sowie als Dozent von Meisterklassen.

|

« シェーンベルク「月に憑かれたピエロ」 | トップページ | 【7月1日】東京ムジークフロー第49回定期演奏会(13:30〜杉並公会堂) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウを悼む(若干補):

« シェーンベルク「月に憑かれたピエロ」 | トップページ | 【7月1日】東京ムジークフロー第49回定期演奏会(13:30〜杉並公会堂) »