« 東京音楽大学校友会埼玉支部 第26回新人演奏会 | トップページ | 21世紀オペラの諸相(1)タン・ドゥン "Tea"、ライマン "MEDEA" »

2011年7月15日 (金)

第2回は明日7月16日、シュトックハウゼン晩年作日本初演:大井浩明・ピアノリサイタル2011 in 芦屋

大井浩明・ピアノリサイタル2011 in 芦屋(全3回)

ブログ記事はこちら。
http://ooipiano.exblog.jp/16136451/

第2回が明日7月16日です。

シュトックハウゼンが死の前年に完成させた、ピアノ連作《自然の持続時間》(140分)の全曲日本初演です。

直前に「行きたい!」と思う方のために、地図再掲です。

山村サロン
〒659-0093 芦屋市船戸町4-1-301 (ラポルテ本館3F)
[JR芦屋駅下車、改札を右折、直進して陸橋を渡り、その方向のままラポルテ本館に入り、エスカレーターを1階ぶんのぼった正面。所要時間2~3分]

Yamamuramap

チケット:全自由席 前売り¥2500 当日¥3000
予約/問い合わせ●山村サロン
TEL 0797-38-2585 FAX 0797-38-5252
yamamura★y-salon.com (★をアットマークにしてご利用下さい)

最初のときも掲載した、大井さんの弁。
「この大作の最初の3曲は、シュトックハウゼン最後の来日(2005)の際、滞在先の京都で書き始められたもので、ここ数年折に触れ取り上げて来ました。初期のピアノ曲I~XIや、オペラからの抜粋であるXII~XVII番とは全く異なった、晩年の摩訶不思議な世界をご堪能下さい。」

Ashiya1 

|

« 東京音楽大学校友会埼玉支部 第26回新人演奏会 | トップページ | 21世紀オペラの諸相(1)タン・ドゥン "Tea"、ライマン "MEDEA" »

コメント

7月16日見逃してました。時間が取れたのに残念!!

30年以上まえですが、シュトックハウゼンが来日した時に大阪で自作を聴きました。曲名は忘れてしまいましたが、足音の疑似音が入っていて興味深かった曲でした。その時に近くに座っておられたご婦人が憮然とした表情で演奏途中に退出されたのには驚きました。良い曲だと感じていたのでよけいにびっくりしました。

大井さんという方は松平氏の作品なんかも演奏されていて、意欲的なプログラムで演奏されるかたなんですね。一度生演奏を聴いてみたいと思ってます。

投稿: HSPT | 2011年7月18日 (月) 03時11分

HSPT様

貴重なご経験のお話をありがとうございます!
嬉しく拝読致しました。
大井さんは「現代音楽」に果敢に挑み続けていて大変貴重な存在です。一方でフォルテピアノでのモーツァルトやベートーヴェン演奏も堅実な読譜力でとても広がるのある演奏をなさいます。
大井さんの芦屋シリーズは8月27日に第3回目です。塩見允枝子・リゲティ作品の演奏です。御都合がよろしかったら是非お出掛け下さい。

投稿: ken | 2011年7月18日 (月) 18時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回は明日7月16日、シュトックハウゼン晩年作日本初演:大井浩明・ピアノリサイタル2011 in 芦屋:

« 東京音楽大学校友会埼玉支部 第26回新人演奏会 | トップページ | 21世紀オペラの諸相(1)タン・ドゥン "Tea"、ライマン "MEDEA" »