« モーツァルト:「ハフナー」交響曲の驚異 | トップページ | 5月22日:野津巨貴博(Fl.)・増井一友(Guitar)デュオリサイタル »

2011年4月18日 (月)

松平頼則「美しい日本」第1〜第3曲

貴重な映像ですので、お聞き頂けるように埋め込みます。

昨年10月に本作品を取り上げた大井浩明さんが、ピティナのために収録したものです。

松平頼則:組曲《美しい日本》 (1969) 
0:00~) 第1曲「前奏曲」-  
2:33~) 第2曲「朗詠的な幻想(七夕)」 -
10:28~)第3曲「わらべ唄(手まり唄)」

Yori-tsune MATSUDAIRA: Piano Suite 'Le beau Japon'(1969) 
[0:00~]I."Prélude" -
[2:33~] II."Fantaisie de "Rôéi"(Chant de l'ancien temps) - 
[10:28~] III."Chanson des enfants (pour jouer à la balle)" 

ピアノ/大井浩明 piano/Hiroaki OOI    demo live recording
出版/全音楽譜出版社 http://www.zen-on.co.jp/
publisher:Zen-On, Tokyo

【解説】
「このピアノ組曲は1969年に中部日本放送から"美しい日本"という表題で芸術祭参加のため作曲を委嘱されたものである。いうまでもなくこれは川端康成氏がノーベル賞受賞の際に講演した"表題"である。しかしこの曲は別段同氏の文学的内容から着想されたわけではない。ただ日本の四季おりおりの自然の風景に美を見出すのはわれわれ日本人の­共通の伝統的感情のようである。
この組曲は「前奏曲、わらべ歌、草刈唄、平曲のパラフラーズ、朗詠風な幻想、筝曲風の終曲」からなっている。これらの音楽の素材は季節であり、風景であり、そうしてわれわ­れの祖先がそれから霊感されて日本の楽器(声も含めて)のために作曲した歴史的背景から間接的に結びついているものである。
《朗詠風な幻想》は牽牛と織女をテーマにした詩によるもので平安朝の唄の朗詠の様式から触発されたやや華麗なスタイルになっている。《わらべ唄》は名古屋地方のわらべ唄を­もとにした自然への素朴なふれ合いを歌ったものである。・・・」(松平頼則)

『和漢朗詠集』より小野美材: 朗詠「二星」
一句 二星(じせい)たまたま逢へり [二星適逢]
   未だ別諸(べっしょ)依々(いい)の恨(うらみ)を叙(の)べざるに[未叙別緒依々之恨]
二句 五夜(ごや)まさに明けなんとす [五更将明]
三句 頻(しき)りに涼風(りょうふう)颯々(さつさつ)の声に驚く [頻驚涼風颯々之声]

石塚潤一:《松平頼則「美しい日本」について》http://ooipiano.exblog.jp/15304150/


関連映像で、山本裕之「東京コンチェルト」・野村誠「DVがなくなる日のためのインテルメッツォ」をも視聴出来ます。

|

« モーツァルト:「ハフナー」交響曲の驚異 | トップページ | 5月22日:野津巨貴博(Fl.)・増井一友(Guitar)デュオリサイタル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松平頼則「美しい日本」第1〜第3曲:

« モーツァルト:「ハフナー」交響曲の驚異 | トップページ | 5月22日:野津巨貴博(Fl.)・増井一友(Guitar)デュオリサイタル »