« 5月22日:野津巨貴博(Fl.)・増井一友(Guitar)デュオリサイタル | トップページ | 音一つ一つに何を聴き取るか:テュルクから読む場合 »

2011年4月23日 (土)

武久源造氏の弾くクラヴィコード

貴重な映像を人づてに知りましたので、埋め込みます。

重かったらごめんなさい。

武久さんは目は見えないながら抜群の聴覚を誇る演奏家で、心酔してその御主催されるアンサンブルに加わっているかたが熱く語るのを興味深く拝聴したことがあります。CDも多数お出しになっており、チェンバロから初期フォルテピアノまで縦横に弾きこなしてバッハを弾いていらしたり、指揮者として素晴らしい「メサイア」の録音もなさっています(個人的にはアーノンクール盤よりずっと名演だと思っております)。
クラヴィコードはなかなかお目にかかれない楽器かも知れませんが、触ってみると、繊細ながら豊かな響きがします。その特徴はCD類よりもこの映像からのほうが実感しやすいかも知れません。

スヴェーリンク:涙のパヴァーヌ

http://www.youtube.com/watch?v=db4-TP27GN4&feature=relmfu

 

J.S.バッハ:トッカータ BWV912

http://www.youtube.com/watch?v=b8jnqBiaKXY&feature=relmfu

 

J.S.バッハ:シャコンヌ(武久源造編)

http://www.youtube.com/watch?v=l_uI4euht-o&feature=relmfu

まだあるとのことで・・・検索でもヒットしないそうですから、掲載します。
これらも、いい演奏です。

ゲオルク・ベーム:前奏曲、フーガと後奏曲 ト短調

http://www.youtube.com/watch?v=VJO7DKVJYMw

 

J.S.バッハ:フランス組曲第1番

http://www.youtube.com/watch?v=NFqCY77yVBw

 

エマヌエル・バッハ/フォリアによる12の変奏曲,Wq.118/9

http://www.youtube.com/watch?v=aBzkMRd6Em4

ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ 第19番 ト短調,Op.49-1

http://www.youtube.com/watch?v=ceWEq015Rsw&feature=relmfu

|

« 5月22日:野津巨貴博(Fl.)・増井一友(Guitar)デュオリサイタル | トップページ | 音一つ一つに何を聴き取るか:テュルクから読む場合 »

コメント

まずはスヴェーリンクだけですが、心洗われました。ありがとうございました。

投稿: 右近 | 2011年4月23日 (土) 08時51分

おおッ、これはすごいてんこ盛りですね! イースターエッグよりうれしい贈り物です(武久先生、スミマセン)! 

「バッハ meets ジルバーマン・ピアノ」での「シャコンヌ」は鬼気迫るものがあって、名演だと思います。

…ズービン・メータとN響の「第九」とバッハの「アリア」も、きびしい集中力と祈りがひしひしと感じられて、その迫力に圧倒されてしまいました。

投稿: Curragh | 2011年4月24日 (日) 19時32分

右近さま
Curraghさま

ありがとうございます!
教えて頂いたかぎりのものを載せました。
いろんなかたにもご紹介頂けたら幸いです!

投稿: ken | 2011年4月25日 (月) 00時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武久源造氏の弾くクラヴィコード:

« 5月22日:野津巨貴博(Fl.)・増井一友(Guitar)デュオリサイタル | トップページ | 音一つ一つに何を聴き取るか:テュルクから読む場合 »