« 18時56分の地震は津波の心配無し | トップページ | 3月20日:慶應義塾ユースオーケストラ演奏会 »

2011年3月19日 (土)

大井浩明さん:3/25(金)オルガン公演@新大久保

いけねぇいけねぇ!
載っけよう載っけよう、と思っていたのに、小心者のあたくしは、すっかりぶっとんでいたのでした。

こんなときだからこそ、なおのこと是非、お出掛けになってみて下さい。
3月11日以降もずっと「音楽オンリ」に徹して平然としていた本物のプロフェッショナルの演奏に接することは、私たちにとって大いなる意義があることだと思います。・・・あ、シャレではありません。って、分からんか。(^^;

以下、大井さんのブログから転載。
念のためですが、左上の写真は片岡鶴太郎さんではありません。


3/25(金)オルガン公演@新大久保(オリジナルにリンク)

   

 
   

大井浩明 オルガン・リサイタル
~ローランド・クラシックオルガンC-330による~


2011年3月25日(金) 午後7時開演 (午後6時半開場)
淀橋教会 小原記念聖堂 (新宿区百人町1-17-8) 

オルガン+オンド・マルトノ◆大井浩明
笙◆石川高、 微分音フルート◆多久潤一朗
http://www.purple.dti.ne.jp/naya/eventinfo/20110325ooi/index.html
前売り¥2500 当日¥3000 (全自由席)
予約/問い合わせ;ナヤ・コレクティブ
tel&fax 03-5875-8306(電話は平日の11~17時)
nayac@mc.point.ne.jp (@を半角に)

演奏曲目
●石川高: 笙とパイプオルガンのための新作(委嘱初演、2011) ~三分損益(ピタゴラス)調律による
●有馬純寿: パイプオルガンのための新作(委嘱初演、2011)
●池田拓実: パイプオルガンとライヴエレクトロニクスのための新作(委嘱初演、2011)
●多久潤一朗: キグマシステム(微分音)・フルート、オンド・マルトノとパイプオルガンのための新作(委嘱初演、2011)
---
●伊左治直:《橋を架ける者》(委嘱作・日本初演、2008)  ~キルンベルガー調律による
●C.ジェズアルド: 王のカンツォン・フランチェーゼ (1615) ~中全音(ミーントーン)律による
●A.シェーンベルク: レチタティーヴォ主題による変奏曲 作品40 (1941) ~ヴァロッティ調律による
●K.シュトックハウゼン:オペラ『光の金曜日』よりクラヴィア曲第17番《彗星》(1994/99、日本初演) ~オンド・マルトノとパイプオルガンによるリアリゼーション

※尾茂直之氏製作のオンド・マルトノを併用予定
※※プログラムの一部は、予告無く変更される場合が御座います


こちらもお読みになってみて下さい。
http://members2.jcom.home.ne.jp/kinoken2/intv/intv_contents/intv_ooi.html

|

« 18時56分の地震は津波の心配無し | トップページ | 3月20日:慶應義塾ユースオーケストラ演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井浩明さん:3/25(金)オルガン公演@新大久保:

« 18時56分の地震は津波の心配無し | トップページ | 3月20日:慶應義塾ユースオーケストラ演奏会 »