« 【再掲】12.23大宮光陵高等学校音楽科第25回定期演奏会 | トップページ | でたとこ能見物(0)前屁理屈 »

2010年12月24日 (金)

【クリスマスの音楽】シュッツ「クリスマスの物語」終曲

あまりあれこれアップしないうちにイヴになり、25日を迎えようとしています。

細かいことは抜きにして、ドイツ音楽に新風を巻き込んだハインリッヒ・シュッツ(1585-1672)の"Weinachtshistorie(クリスマスの物語)"から、終曲をお聴き頂きましょう。

Beschluss
「クリスマスの物語」終曲
Oxford Camerata NAXOS 8.553514

Dank sagen wir alle Gott, Unserm Herrn Christo,
Der uns mit seiner Geburt hat srleuchtet und uns
erloeset hat mit seinem Blute von des Teufels Gewalt.
Den sollen wir alle seinen Engeln loben mit Schalle, singen:
Preis sei Gott in der Hoehe!


|

« 【再掲】12.23大宮光陵高等学校音楽科第25回定期演奏会 | トップページ | でたとこ能見物(0)前屁理屈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【クリスマスの音楽】シュッツ「クリスマスの物語」終曲:

« 【再掲】12.23大宮光陵高等学校音楽科第25回定期演奏会 | トップページ | でたとこ能見物(0)前屁理屈 »