« 好感度の高かった大井浩明さんPOC第4回(2010.12.15) | トップページ | ど素人 平曲考(12)『横笛』鑑賞 【とりあえず一段落】 »

2010年12月19日 (日)

【クリスマスの音楽】ではないのですが「エクスルターテ・ユビラーテ」

※ いざ来ませ異邦人の救い主よ
※ 生月島のオラショから
※ ジョスカンのアヴェ・マリア



毎度ながら八木沢涼子『キリスト教歳時記』のお世話になります。

待降節(降臨節、アドベント=11月30日の「聖アンデレの日」に最も近い日曜日が第1主日)の第2主日から第4主日までは、「グローリア」は歌われません。主の降臨を待つ心の準備の期間だから、ということのようです。正教会系以外のキリスト教諸派では、この期間、祭壇や聖書の朗読台に飾るカヴァー、司祭らの祭服に紫色が用いられます。

アドベント第3主日は、この日のミサが「主にあっていつも喜べ」からはじまるために、「喜びの主日」と呼ばれる由。

さて、キリスト教で「喜び」の言葉がつく、となると、安直に思い浮かぶのはモーツァルトのモテット "Exsultate, jubilate"K.165ですが、これはアドベント第3主日のための音楽ではありません。
初演が後掲の通り1773年1月17日(ミラノにて、モーツァルト17歳)ですから、この日付からも、作品の目的が別のものであったことが分かります。

なので非常に安直な採り上げ方なのですが、この「エクスルターテ・ユビラーテ」の自筆稿にまつわる話をだいぶ以前に綴りましたので、それを一部削除し再掲してお茶を濁します。音楽はYouTubeに上がっているものを援用します。

ちと派手派手なのを・・・

「エクスルターテ・ユビラーテ」の自筆譜は第二次世界大戦で逸失してしまった、と長い間信じられており、新モーツァルト全集編纂にあたっての典拠は、そのためザツツブルクにある筆者譜によらざるを得なかったかと推測されます。新全集でのこの作品の楽譜は1963年校了)。
ところが、1977年、ポーランドのクラカウに、戦時中多くの貴重な自筆譜類が疎開していたことが判明、かつそれらをポーランド政府が東ベルリン(当時)に移譲するという劇的事件があって(そのなかには「ジュピター」交響曲の自筆譜も含まれていました)、その中から運良く「エクスルターテ・ユビラーテ」の自筆譜も再発見されたのでした。
これにより校訂しなおした楽譜は2000年にシュトゥットガルトのCarusから出され、2006年、ポケットスコアのかたちで私たちも容易に手に出来るようになりました。
自筆譜再発見そのものからは、第1曲と、続くレシタティーヴォの歌詞が、新全集版を含む従来流布していた楽譜とは異なっていることが判明しています。
またCarus版と新モーツァルト全集版をざっと見比べただけでも、以下のような点に違いが確認出来ます。

・真偽不明だったスラーが、自筆譜によりほぼ確実に分かり、Carus版に反映されたこと。また、不自然だった第1楽章47小節目のフォルテッシモも、フォルテに是正されている。

・Carus版では作曲後に付け加えられたと思われる従来楽譜のスタカートを除去するとともに、新モーツァルト全集ではすべてダッシュ型で表示されていたスタカートを、ダッシュ型とポイント型に区別した(とくに第2楽章)。

・Carus版が自筆譜に忠実な数字付低音記載を行なっていると見なし得るならば(最初の頁のファクシミリしか掲載されていませんが、それと比べる限り、全部ではないが大部分が自筆譜で是正されたとみなして差し支えないように思われます・・・残念ながら、またもスキャナトラブルで、引用掲示できません)、自筆譜が低音に付した数字は新全集版の典拠とした楽譜よりはシンプルで、したがって即座の演奏にはより実用的であること。

・レシタティーヴォは新全集版は和音を補っているが、Carus版はバス音と数字のみを印刷しており、自筆譜では「ルチオ・シッラ」(や「ドン・ジョヴァンニ」)同様、もともと和声を補った書き方はとっていないこと

なお、曲の構成は以下の通りです。(なお、Carus版の修正を反映した演奏の実施ないし録音のCD化については、私は情報を持っておりません。ご教示頂ければ幸いです。)

・第1楽章(アリア1): Allegro ヘ長調、129小節
・レシタティーヴォ 12小節
・第2楽章(アリア2): Andante イ長調 115小節
・第3楽章(アリア3):アタッカで。 Molto allegro ヘ長調 159小節

初演は1773年1月17日、ミラノのサンタントーニョ・アバーテ教会にて。初演歌手は「ルチオ・シッラ」のプリモ・ウォーモであったカストラート、ヴェナンツィオ・ラウッツィーニ(当時25歳)。

|

« 好感度の高かった大井浩明さんPOC第4回(2010.12.15) | トップページ | ど素人 平曲考(12)『横笛』鑑賞 【とりあえず一段落】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208675/50343542

この記事へのトラックバック一覧です: 【クリスマスの音楽】ではないのですが「エクスルターテ・ユビラーテ」:

« 好感度の高かった大井浩明さんPOC第4回(2010.12.15) | トップページ | ど素人 平曲考(12)『横笛』鑑賞 【とりあえず一段落】 »