« 片岡祐介さん木琴談義 | トップページ | でたとこ能見物(1) »

2010年12月28日 (火)

CD:JAPANESE TRADITIONAL MUSIC 1941年

聴くほうだけは日本伝統音楽づいている今日この頃を過ごしています。

いっとき西欧クラシックの20世紀初頭の録音に強烈に魅かれたのと似て、日本伝統音楽にもそういうものはないか、と思っているところへ、以前、標題のもののシリーズで第1巻の雅楽と声明のものが出たときに心奪われていたのですが、手は出ずにいました。

平曲から能へ、と興味が動いている途上で、やはり聴いてみたく思い、手にしました。

http://www.ahora-tyo.com/search/search.php
日本伝統音楽、で検索すると表示されます。

本録音は、民謡研究で有名な町田嘉章をはじめ、音楽学者:田邉尚雄・音声学者:颯田琴次・音楽評論家:佐藤謙三、東京放送国際部長:頼母気眞六・KBS(財団法人 国際文化振興会、現:国際交流基金):黒田清常務理事らが制作に携わった5巻60枚の10インチSPレコードで、1941-42年に録音され、資料として非売品扱いで出たものだそうです。

5巻の内容は最近の伝統日本音楽の紹介モノに比べてもずっと多岐にわたるもののようで、CD化されるにあたっても、

1巻:雅楽、仏教音楽
2巻:能、狂言、盲僧琵琶、平家琵琶、薩摩琵琶、筑前琵琶、尺八(琴古流・都山流・民謡)
3巻:琴、三味線
4巻:三味線、神楽、囃子、子守唄、わらべ唄
5巻:俚謡(民謡)

となるようです。現在は2巻目までが出ています。

1、2巻の曲のリストを下に引用しておきます。
興味深い点としては、

1巻
・雅楽のテンポはこの時期になると現行とほとんど変わらない。
・天台声明の中山玄雄氏の唱法でのヴィブラートが洋楽的である(現行の天台声明はノンヴィブラート)が、謡の強吟がおそらく江戸期には発生していたことを考えると、ノンヴィブラート唱法が本来なのかどうかは分からない
・真言聲明は現行と類似

2巻
・能が囃子とともに収録されているのは「羽衣」からのものだけで、殆どが素謡なのは戦前の享受のされかたを物語っているのかどうか
・佐藤正和氏の平曲(「那須与一」から)は現在身近に聴き得るものとしては唯一とも言える波多野流である

といったあたりかなあ、と思っております。

続きの発売を心待ちにしております。

【1巻】
Jtm1雅楽 演奏:宮内省式部寮雅楽課
01. 久米歌 くめうた
02. 東遊 あずまあそび
03. 太食調調子・品玄 たいしきちょうちょうし
・ぼんげん
04. 高麗意調子 こまいちょうし
05. 越天楽 えてんらく
06. 崑崙八仙 急 こんろんはっせんのきゅう
07. 青海波 せいかいは
08. 長慶子 ちょうげいし
09. 太平楽破 たいへいらくは
10. 太平楽急 たいへいらくのきゅう
11. 抜頭 ばとう
12. 抜頭 ばとう
13. 催馬楽 さいばら
14. 朗詠 ろうえい

仏教音楽
15. 四智讃 しちさん/中山 玄雄
16. 錫杖 しゃくじょう/中山 玄雄
17. 教化 きょうけ/中山 玄雄
18. 対揚 たいよう/中山 玄雄
19. 云可唄 うんがばい/小野塚與澄
20. 合刹 かっさつ/小野塚與澄
21. 論議 ろんぎ/中山 玄雄・吉田恒三
22. 六道講式 ろくどうこうしき/中山 玄雄
23. 和讃(釈迦如来御和讃) しゃかにょらいごわさん
/小山内素憲
24. ご詠歌(巡礼歌)/鈴木きそ・佐藤ちよ
メンバー:
宮内省式部寮雅楽課
中山 玄雄
小野塚與澄
吉田恒三
小山内素憲
鈴木きそ
佐藤ちよ

【2巻】
Jtm2能・狂言
01. 高砂(たかさご)素謡 謡:観世鐵之丞(六世)
(観世流)
02. 八島(屋島)(やしま)素謡 謡:金剛巌(初世)
(金剛流)
03,04. 羽衣(はごろも)番囃子 謡:桜間金太郎
(金春流) 大鼓:川崎利吉、小鼓:幸悟朗、
太鼓:柿本豊次 笛:一噌 えい(金へんに英)二
05. 松虫(まつむし)素謡 謡:喜多六平太(喜多流)
06. 葵上(あおいのうえ)素謡 謡:桜間金太郎
(金春流)
07,08. 鉢木(はちのき)素謡 シテ:桜間金太郎
(金春流) ツレ: 不明、ワキ:宝生新
09,10. 夜討曽我(ようちそが)一調 謡:近藤乾三
(宝生流)、小鼓:大倉六蔵
11,12. 定家一字題(ていかいちじのだい)独吟
謡:梅若万三郎(初世)(観世流)
13,14. 実方(さねかた)独吟 謡:宝生新
(下懸宝生流)
15. 狂言小謡土車(つちぐるま)、七つになる子
(ななつになるこ)
謡:茂山千五郎(十世)
16. 狂言小謡 宇治の晒(うじのさらし)、福の神
(ふくのかみ)
謡:茂山千五郎(十世)

琵琶
17. 盲僧琵琶地神経(じしんきょう)演奏:北田明澄
18. 平曲那須与一(なすのよいち)演奏:佐藤正和
19. 薩摩琵琶小敦盛(こあつもり)演奏:吉村岳城
20. 筑前琵琶義士の本懐(ぎしのほんかい)演奏:
田中旭嶺

尺八
21. 阿字観(あじかん)演奏:宮川如山
22. 虚空鈴慕(こくうれいぼ)演奏:青木鈴慕(琴古流)
23. 岩清水(いわしみず)演奏:片山雄山、関野生山
(都山流)
24. 追分節(おいわけぶし)演奏:涌井古月

|

« 片岡祐介さん木琴談義 | トップページ | でたとこ能見物(1) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD:JAPANESE TRADITIONAL MUSIC 1941年:

« 片岡祐介さん木琴談義 | トップページ | でたとこ能見物(1) »