« ベートーヴェン「第九」ベーレンライター原典版緒言の日本語訳 | トップページ | モーツァルト:1781年の2つのコンサートアリア(K.369、K.374) »

2010年11月17日 (水)

「第九」続きでスミマセン・・・演奏時間比較

さて、せっかくファクシミリを入手したので読んでみたいところなのですが、印刷スコアの他に曲の分析をした書籍をも参照しながらと思っているものの、今年出たシェンカーの訳書は「奏法」問題に立ち入ったものであって「ベートーヴェンの書いたものが何か」を文献として読む姿勢はとっていませんし(ノッテボームの蒐集したスケッチは参照・掲載しています)、これを読むなら併せてヴァインガルトナーも参照すべきなのですけれど、こちらは今、古書でも入手できません。で、方法に迷っております。いずれにせよ、是非別途、「読みの試み」はしていきたいと思っております。

で、手抜きですが、2004年に、さまざまな指揮者の録音で演奏時間を比較したことがありましたので、本日はそれを掲載します。併せて記述した録音の感想については省略します。(区切りがきちんと揃っておらず申し訳ございません。)

Conductor |Year |1 |2 |3 |4 | label
--------------------------------------------------------------------
Weingartner |1926 |15:16|10:24|14:21|21:46| EMI
--------------------------------------------------------------------
Toscanini |1941 |13:06|12:35|13:43|23:47| ARIOSO
--------------------------------------------------------------------
Furtwaengler |1953 |18:02|11:56|19:08|24:39| ARCHIPEL
--------------------------------------------------------------------
Walter |1953 |15:25|10:04|16:24|23:44| CBS
--------------------------------------------------------------------
Cluytens |1967 |18:07|11:28|17:19|25:35| EMI
--------------------------------------------------------------------
Konoe |1968 |16:14|12:11|15:14|24:55| Gakken
--------------------------------------------------------------------
Giulini |1972 |18:12|11:42|16:19|26:00| EMI
--------------------------------------------------------------------
Bernstein |1979 |15:16|11:14|17:46|26:25| Gramophon
--------------------------------------------------------------------
Abbado |1986 |17:10|14:14|17:01|23:55| Gramophon
--------------------------------------------------------------------
Harnoncourt |1991 |15:04|13:42|13:34|24:24| elatus
--------------------------------------------------------------------
Zinman |1998 |13:39|12:12|11:32|21:42| ArteNova
--------------------------------------------------------------------
Immerseel |1999 |14:35|13:19|12:43|23:25| SONY
--------------------------------------------------------------------
Rattle |2002 |16:54|11:58|17:03|23:52| EMI
--------------------------------------------------------------------
Ozawa |2002 |16:24|14:28|14:11|25:33| PHILIPS
--------------------------------------------------------------------

・トスカニーニが最近の原典版準拠演奏と演奏時間が似ていること(ワインガルトナーがやるなと言ったスケルツォ後半の反復も実施しています)、従って当時としてはおそらく例外的な存在であったこと(ちなみに晩年の朝比奈隆氏は「反復すべきだ」と語っていました。)

・ワルターがワインガルトナーと近接したテンポであること

・以後は1・2・4楽章がフルトヴェングラーのテンポを規範にしたらしいものも半数あるとはいえ、
 第3楽章はワルター的なテンポが主流でありつづけたこと、(フルトヴェングラーの19分は特異でしょう)

・アーノンクールの頃以降はオリジナルのメトロノーム記号への信頼度が高めに見られるようになったため、全般に速いテンポの演奏が増えてきたこと(それでも第1楽章は、実はまだベートーヴェンの指示より遅いのです。ベートーヴェンの指示は88なのですが、トータル時間の早い演奏を選んで調べると、トスカニーニで主題完全提示時四分音符=72 ジンマン同82くらいになっています)

などが推測できます。

これを渡辺裕「マーラーと世紀末ウィーン」(岩波現代文庫)でやっているように部分部分で細かいテンポ分析をしたら、いや、なんか「心理的長さ」なんて指標をうまいこと作ってそいつも比べてみたら、面白いかもしれません。時間的長さは近くても、心理的長さはずいぶん違うように思うのです。

(もう少し暇が出来たら・・・出来るかな・・・そんなのも比べてみたいですけど。・・・と、2004年当時には綴っておりました。で、第1楽章だけは実際にやったのですが、記録したものをなくしてしまいました。)

以上、物好きの世界でした。

|

« ベートーヴェン「第九」ベーレンライター原典版緒言の日本語訳 | トップページ | モーツァルト:1781年の2つのコンサートアリア(K.369、K.374) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第九」続きでスミマセン・・・演奏時間比較:

« ベートーヴェン「第九」ベーレンライター原典版緒言の日本語訳 | トップページ | モーツァルト:1781年の2つのコンサートアリア(K.369、K.374) »