« 書籍:塩見允枝子『フルクサスとは何か』 | トップページ | モーツァルト:ウィーンで最初のクラヴィア変奏曲群 »

2010年11月 8日 (月)

【お知らせ】大井浩明さん《POC第3回》解説 出揃いました

11月13日(土)開催の第3回 "Portraits of composers"(POC)の作品解説が出揃いました。

・塩見允枝子さん作品
 http://ooipiano.exblog.jp/15379131/

・伊左治直さん作品
 http://ooipiano.exblog.jp/15419774/

・第3回の紹介放送は、11月8日午後6時(再放送11月10日 24:00)、ラヂオつくば: FM 84.2 MHzで。
 http://ooipiano.exblog.jp/15419953/

伊左治さんについては、野村誠さんによるドキュメントが野村さんの6日付ブログ記事に掲載されています。

 http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20101106


関連商品:アフィリではないの・・・やりかた知らないから。 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


【書籍】

 塩見允枝子著「フルクサスとは何か」フィルムアート社
 http://www.amazon.co.jp/dp/4845905817 

【CD】

 塩見允枝子「音と詞の時空」fontec FOCD2568
 http://www.amazon.co.jp/dp/B0038BOG8A

 伊左治直「熱風サウダージ劇場」fontec FOCD2565
 http://www.amazon.co.jp/dp/B001EB5DBK

※伊左治さん「熱風サウダージ劇場」では、大井浩明さんがクラヴィコード(「機械の島の旅(夜明け)」)とオルガン(「橋を架ける者」)を演奏しています。

|

« 書籍:塩見允枝子『フルクサスとは何か』 | トップページ | モーツァルト:ウィーンで最初のクラヴィア変奏曲群 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【お知らせ】大井浩明さん《POC第3回》解説 出揃いました:

« 書籍:塩見允枝子『フルクサスとは何か』 | トップページ | モーツァルト:ウィーンで最初のクラヴィア変奏曲群 »