« マンハイムの華「ヴェンドリング作品集」小川隆さん(CD) | トップページ | ヴィルスマイヤについて(10月8日阿部千春さん演奏曲関係) »

2010年10月 3日 (日)

松平頼則(1907〜2001)関係〜石塚潤一氏による解説文

評論家・石塚潤一さんによる松平頼則作品についての解説文、リンクを掲載させて頂きます。

松平頼則作品は、10月5日の「第30回作曲家の個展」でピアノ協奏曲第3番が世界初演されるとともに、10月16日大井浩明氏第2回Portraits of Composersでそのピアノ独奏作品が網羅的に演奏され、没後の本格的な評価が始まると大いに期待されるものです。

・私たち一般の愛好家向けの文
  http://www.soratobuniwa.com/hobby/music/index12.shtml

・松平頼則についてのまとまった評論
  http://www.arion-edo.org/guide/prize/shibata/2002/matsudaira_yoritsune.pdf

・松平頼則の作曲技法についての明解な分析(松平頼則と総音列技法)
  http://bit.ly/aRdYLb
  
第30回作曲家の個展 http://ow.ly/2MU5I
・望月京「インスラ・オヤ」
・北爪道夫「管弦楽のための協奏曲」
・近藤譲「オーケストラのための<夏に>」
・松平頼則「ピアノ協奏曲第3番」(2001)世界初演

(都響、梅田俊明指揮、野平一郎Pf)予約03-3226-9755

第2回Portraits of Composers

予約 Opus55 http://www.opus55.jp/index.php?ooi_concert

なお、松平頼則『美しい日本』のデモ演奏は、明10月4日 18:00~18:30に「ラヂオつくば」で聴くことが出来ます。(再放送10/6【水】 24:00~24:30)

http://ooipiano.exblog.jp/15209701/

※パソコンでの聴取方法 (ラジオはFM 84.2 MHz)
http://www.simulradio.jp/
頁をスクロールし「関東」から「ラヂオつくば」の局名脇のスピーカーアイコンクリック。
インターネットラジオ再生に「VLC必要」と要求されたらダウンロード・インストールが必要です。こちら。http://ow.ly/2GpGs
Macintoshではmms://ir298.com/IRTsukuba/radiotsukuba.asxにアクセスして再生する形になるそうですが、上記VLCのダウンロードを行なっておけば普通のアクセスが可能です。


ヨーロッパ在住の非常に優れた古楽奏者阿部千春さん(Vn.コンチェルト・ケルン等で活躍)による「バロックヴァイオリンコンサート」は10月8日(金)新高円寺のスタジオSKで。

日本人作曲家の作品を集中的に紹介する大井浩明さん《Portraits of Composers》(POC)、第2回2010年10月16日(土、松平頼則・山本裕之作品)、以降2010年11月13日(土)、2010年12月15日(水)、2011年1月23日(土)です。1回券はローチケ(ローソンチケット)で(おおむね前々日までの取り扱い、その後は当日券となります。満席にご注意!)・3回パスポート・5回パスポートはopus55にて入手出来ます。

上記の阿部千春さん・大井浩明さんによる「モーツァルト:作品2」昨年大好評の作品1に続きより充実の響きです。10月13日。(リンクでは大井さんの師カニーノとアッカルドの演奏引用で曲のサワリをご承知頂けます。)

マンハイム在住のフルーティスト小川隆さんによる、マンハイム楽派の代表的作曲家ヴェンドリング作品集、名演です。

oguraooi.jpg 日本で本場のカンツォーネを聴かせて下さることにかけてこれ以上の方はいらっしゃらない、青木純さんの今後のスケジュールは、こちらをクリックしてご確認下さい。

|

« マンハイムの華「ヴェンドリング作品集」小川隆さん(CD) | トップページ | ヴィルスマイヤについて(10月8日阿部千春さん演奏曲関係) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松平頼則(1907〜2001)関係〜石塚潤一氏による解説文:

« マンハイムの華「ヴェンドリング作品集」小川隆さん(CD) | トップページ | ヴィルスマイヤについて(10月8日阿部千春さん演奏曲関係) »