« CD<片岡祐介さんと子供たち>~「感じる」と「考える」とは | トップページ | 西アジアポップス2005年:曲解音楽史74 »

2010年9月11日 (土)

【ご案内】天正使節団とルネサンス音楽IV(10.30 ルーテル市ヶ谷)

ヨーロッパ在住の非常に優れた古楽奏者阿部千春さん(Vn.コンチェルト・ケルン等で活躍)による「バロックヴァイオリンコンサート」は10月8日(金)新高円寺のスタジオSKで。



日本人作曲家の作品を集中的に紹介する大井浩明さん《Portraits of Composers》(POC)は、2010年9月23日(祝)、2010年10月16日(土)、010年11月13日(土)、2010年12月15日(水)、2011年1月23日(土)です。1回券はローチケ(ローソンチケット)で(入手法まとめました)・3回パスポート・5回パスポートはopus55にて入手出来ます。

上記の阿部千春さん・大井浩明さんによる「モーツァルト:作品2」昨年大好評の作品1に続きより充実の響きです。10月13日。(リンクでは大井さんの師カニーノとアッカルドの演奏引用で曲のサワリをご承知頂けます。)

またふたつみっつ、信頼出来る音楽家さんからコンサートの情報を頂いているのですが、ひとつずつご紹介します。

Renaissansse1まずは、標題のとおりのタイトルで開かれるレクチャーコンサートです。

http://www.nporenaissance.org/

我が家は親子三人で伺おうと思っております!

上記サイトから、若干変更して転載させて頂きます。
なお、演奏者それぞれの方のプロフィールは上記サイトのリンク画像からご覧頂けます。

天正使節団はボローニャを出発してフェラーラ、ヴェネツィアを訪れました。 ボローニャ近郊のフォルリではダルシマーの演奏を聞いた由。 フェラーラではマドリガーレ、ヴェネツィアではアンドレア・ガブリエーリの16声のミサ曲7「グローリア」を聞いたのでしょうか。
これらの町に伝えられた音楽を今谷和徳氏が分かりやすく解説します。

日時:2010年10月30日(土) 
開演:午後7時 開場:午後6時30分
会場:ル−テル市ヶ谷センタ−ホ−ル
    (地下鉄有楽町線、南北線、市ヶ谷駅徒歩2分)
    (JR中央線、都営新宿線、市ヶ谷駅徒歩7分)
解説:今谷和徳(慶應義塾大学講師、当協会顧問)
プログラム:
  1.わがいのちのひとよ、君を愛している(ルッツァスコ・ルッツァスキ)
  2.舞曲「バレット "エステ・ゴンザーガ"」(ファブリツィオ・カローソ)
  3.グローリア/16声 (アンドレア・ガブリエーリ)
  4.リチェルカーレ (アンドレア・ガブリエーリ)
  5.喜び楽しむ (ジョバンニ・ガブリエーリ) 他
演奏:
  S 鈴木美登里、S 山村奈緒子、S 櫻田智子、A 穴澤ゆう子、CT 上杉清仁、CT 青木洋也、
  T 櫻田 亮、T 谷口洋介、T 長尾 譲、Br 春日保人、B 浦野智行、B 小笠原美敬
  Or&Hp 能登伊津子、Dlcim 小川美香子、Sb 宮下宣子、Sb 巻島俊明、
  Cornett 中村孝志、R&Fg 古橋潤一
チケット:一般前売:4000円/当日4500円 (会員1000円)

前売:
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 http://www.t-bunka.jp/ticket/
東京芸術劇場チケットサービス 03-5985-1707 http://www.geigeki.jp/
(両チケットサービスともセブン・イレブンからのチケット受け取りが出来ます。)
前売予約:東京古典楽器センター  03-3952-5515
予約:
お名前・連絡先を明記の上、メール(NpoRenaissance★aol.com)またはFAX(03-5333-1087)にてお申込ください。当日会場にてご精算となります。(★を@に置き換えてご利用下さい。)

お問合せ:特定非営利活動法人日本ルネサンス音楽普及協会 TEL&FAX 03-5333-1087
主催:特定非営利活動法人日本ルネサンス音楽普及協会
後援:イタリア文化会館


野村誠さん・片岡祐介さん「音楽ってどうやるの」「即興演奏ってどうやるの」もっと早く知っていたかった好著でした。ご一読を強くお勧め致します。

oguraooi.jpg 日本で本場のカンツォーネを聴かせて下さることにかけてこれ以上の方はいらっしゃらない、青木純さんの今後のスケジュールは、こちらをクリックしてご確認下さい。

|

« CD<片岡祐介さんと子供たち>~「感じる」と「考える」とは | トップページ | 西アジアポップス2005年:曲解音楽史74 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ご案内】天正使節団とルネサンス音楽IV(10.30 ルーテル市ヶ谷):

« CD<片岡祐介さんと子供たち>~「感じる」と「考える」とは | トップページ | 西アジアポップス2005年:曲解音楽史74 »