« リスト考(5)寄り道2:演奏会の変遷 | トップページ | TMF5月30日練習記録 »

2010年5月30日 (日)

書籍紹介:「名曲案内 クラ女のショパン」

上田美佐子さん(中世フィドル・ヴァイオリン)コンサート
・5月30日(日)西荻窪のサンジャック
・6月16日(水)日本福音ルーテル東京教会
・7月11日(日)絵本塾(四谷)
です。ユニークです。是非足を運んでみて下さい。詳細は上記お名前のところにリンクしてあります。



oguraooi.jpg 2台のピアノによる「モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会」第2回決定しました(京都7月3-4日、東京7月27日)。とりあえずバナーに大井さんのブログ記事をリンクしました。なお、門仲天井ホールで9月23日に「松下眞一《スペクトラ》全6曲(歿後20周年)+野村誠」演奏会が行われます(確定)。大井さんの新譜(ベートーヴェン:ヴァルトシュタイン・アパッショナータ)、HMVにリンクを貼ってあります。

Chopincla
予算の都合上、立ち読みだったのですが・・・

「うーん、いま欲しがられるのは、ホントはこういう紹介本かなあ・・・」
いや、自分だったら欲しいなと思うのは、こういうスタイルだろうな、と思った体裁のショパン本に出会いましたので、ご紹介します。

ただし、「ツウ」の人向け、とは思っておりませんので、「ツウ」のかたはスルーなされたし。

ロックやジャズは奏者のキャラクターがそのまま音楽作品なのでそうはいかないのですが、ことクラシックに関しては
「CDの講評みたいなクラシック本はもういらない」
とはたびたび綴って来たことですし、いまでもそう思っております。
作品と奏者は、クラシックの場合は必ずしも一体ではないからです。

だからって、
「これ名曲です、聴いてみて下さい・・・そのチャンスは自分で見つけて!」
と投げ出されても、

・・・あのー、おいら、(たとえば)ショパンの音楽ってさっぱり分かんないんですけど

ときたときに

「んじゃ、<戦場のピアニスト>でも御覧なさい」

では、途方に暮れ、路頭に迷う。

まず、どんな作品があって、どんな雰囲気なのか、を、何かの文章で掴んでイメージを膨らませておいて、
「もし聴いてみたければこういうCDがありますよ〜」
とさりげなく載っけといてくれるくらいだと、イマジネーションも妨げられなくてちょうどいい。

「クラ女のショパン」(河出書房新社 2010/2/17)

は、室田 尚子さん、小田島 久恵さん、山口 眞子さんの女性三人が、それぞれの目・耳から得たショパン音楽の印象をそれぞれご自分の言葉で表現しているところが楽しいし、んじゃ聴いてみたいな、と思ったとき、頁の左肩にさりげなくCDの写真と品番が載っかっていて、おや、と思って本文に戻ると、これまたさりげなくそのCDの特長が述べられていたり(いなかったり)する。

写真べたべたのものや字面ビッチリの伝記よりは、ぼんやり手に取ってみたいなあ、という気分のときには、断然こういう方がいい気がします。

ショパンに思いを馳せてのエッセイ・・・みたいなんではないところも、また良し、です。

なお、本文に乗せられて、載っているCDを買って聴いてみて
「はずれだった!」
ということがあっても、それはご著者たちの責任ではないことは申し上げるまでもありますまい。


oguraooi.jpg 日本で本場のカンツォーネを聴かせて下さることにかけてこれ以上の方はいらっしゃらない、青木純さんの今後のスケジュールは、こちらをクリックしてご確認下さい。

|

« リスト考(5)寄り道2:演奏会の変遷 | トップページ | TMF5月30日練習記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書籍紹介:「名曲案内 クラ女のショパン」:

« リスト考(5)寄り道2:演奏会の変遷 | トップページ | TMF5月30日練習記録 »