« 2台のピアノによる「モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会」 | トップページ | 終了ご報告:東京ムジークフロー特別演奏会 »

2010年1月17日 (日)

JIROさんのスウィトナー特集

アマチュアオーケストラ、東京ムジークフローの特別演奏会は本日1月17日です。入場無料。



コンサート「麿と素敵で愉快な音楽家さん」は2月7日、新宿オペラシティ内の近江楽堂で。顔ぶれも曲目も魅力的です。是非お出かけ下さい。

2台のピアノによる「モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会」(東京3月18日:小倉貴久子さんと大井浩明さん、京都4月3日:河野美砂子さんと大井浩明さん)詳しくは記事中のリンク先をご覧下さい。

敬愛するJIROさんが、オトマール・スウィトナー氏追悼特集を綴られています。
ご紹介が簡単で恐縮ですが、ぜひお読み頂きたく、こちらにリンクを掲載させて頂きます。

【追悼】オトマール・スウィトナー氏(指揮者)(その1)
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2010/01/post-a375.html

【追悼】オトマール・スウィトナー氏(指揮者)(その2)
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2010/01/post-4e44.html

スウィトナーさんが日本のオーケストラにどれだけ貢献して下さった方かがよくわかります。

私もあらためて、お悔やみ申し上げます。


L4WBanner20080616a.jpg


クラシックCD・書籍検索に便利!バナーをクリックして下さい!


sergejOさんの記事の便利なインデックスも是非ご活用下さい。

|

« 2台のピアノによる「モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会」 | トップページ | 終了ご報告:東京ムジークフロー特別演奏会 »

コメント

Kenさん、こんばんは。
拙ブログ「スウィトナー特集」2回ともご紹介頂けるとは、冗談でも何でもなくて、
無上の光栄です。
心より御礼申し上げます。
そもそも、ハフナーの第一楽章でスピッカートの速い上昇音型のヴァイオリンと、木管との
アーティキュレーションが完璧に合っている、というようなお話をこちらで拝読しなかったら、
今でも私は、スウィトナー=シュターツカペレ・ドレスデンの偉大さが分かっていない、
と思います。特集を組めたのも、元はといえば、Kenさんのおかげであります。
今後とも、ご教示下さい。
ありがとうございました。

投稿: JIRO | 2010年1月17日 (日) 01時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JIROさんのスウィトナー特集:

» 【追悼】オトマール・スウィトナー氏(指揮者)(その2) [JIROの独断的日記ココログ版]
◆前回に続いて。「ハンガリー舞曲」(ブラームス)、「序曲集」(ウェーバー)、モー [続きを読む]

受信: 2010年1月17日 (日) 03時28分

« 2台のピアノによる「モーツァルトピアノ協奏曲全曲演奏会」 | トップページ | 終了ご報告:東京ムジークフロー特別演奏会 »