« 私個人の愛聴盤100(前半!):音楽の愛し方14前フリ(1) | トップページ | CD本、読みますか?:音楽の愛し方14 »

2009年10月13日 (火)

私個人の愛聴盤100(後半!):音楽の愛し方14前フリ(2)

紳士的名ギタリスト増井 一友さんのリサイタル(クラシックギター)は、11/21(土)東京:近江楽堂 5時開演 、11/28(土)大阪:ザ・フェニックスホール 5時開演です。素晴らしい音色をお楽しみ下さい!


赤津眞言さん他「フランス ヴァイオリン音楽の流れ」については、複数日程につき記事にリンクを貼りましたのでそちらをご覧下さい。


3・7・8・9(7から9は当面欠番)
10111213
番外1 番外2


昨日の続きです。
・・・最後の1枚を除き、これらをお薦めしたい、という趣旨でリスト化したのではなく、市中に出回っているクラシックCD紹介本の意義を考える際に自分自身をも対比の材料にしたいがためめのリストであることを、あらかじめご了承下さい。
そういう視点でご覧頂ければ、昨日のリストと併せ、私には私なりの「偏向」があることにお気づき頂けると思います。そこが肝要です。

後半のリストは、時間の都合上、一部を除き録音年次を記さないことをお許し下さい。

051-シューベルト: 交響曲全集ヴァント/北ドイツ放送響 RCA
かつてサヴァリッシュは下積みでドレスデンシュターツカペレと「メジャーなシンフォニーは録音させてもらえない」とぼやきながらシューベルトやメンデルスゾーンの全集を録音しました。気持ちが尖っていたせいか、悪い演奏ではないのですが、音が尖っていました。ヴァントのこの全集は、シューベルトの交響曲が第1番から非常に生き生きしたものであることをしっかり認識させてくれる上で、最良の全集だと思っております。

052-シューベルト:「美しき水車小屋の娘」ヴンダーリッヒ Deutsche Grammophon(現在非所有)

053-シューベルト:「冬の旅」ホッター入手不可?

054-シューベルト:アルペジョーネソナタ ジャンドロン(Vc.)/フランセ(Pf.) PHILIPS PHCP-3683
・・・私は子の演奏以外では聴けない体になってしまいました!

055-ロッシーニ:「セビリアの理髪師」(DVD)アバド/スカラ座管弦楽団および合唱団 Deutsche Grammophon 00440 073 4039

056-ロッシーニ:「アルジェのイタリア女」(DVD)ヴァイケルト/シュトゥットガルト放送響ARTHAUS   100 121

057-ロッシーニ:ピアノ曲集第1巻 L'Album pour les enfants adlessentsジャコメッティ(Pf.) CHANNEL CLASSICS   CCS 12398
歌劇から身を引いたあとのロッシーニが、数は少ないながら、どれだけ愛らしい作品をものしていたか、をうかがわせてくれます。

058-メンデルスゾーン:交響曲第1番〜第5番 マズア/ゲヴァントハウス 30枚組のMASTER WOEKSに収録

059-メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ヒラリー・ハーン/オスロ・フィル SONY    SICC 1051

060-シューマン:交響曲全集 バーンスタイン/ウィーンフィル Deutsche Grammophon
フルトヴェングラー以前、そしておそらくカラヤン世代も、スコアに手を入れて演奏して板であろうシューマンの交響曲ですが、バーンスタインは、そんなことをしなくてもシューマンのオーケストレーションはバランスを考慮すれば見事な輝きを放つことを証明してみせました。

061-シューマン:「子供の情景・森の情景」 ケンプ(pf.) Deutsche Grammophon

062-ベルリオーズ:幻想交響曲 クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団(東京ライヴ) ALTUS(私の所有しているのは以前出たもの)
このときの日本の録音技術の優秀さにも耳を傾けるべきです。「本当のオーケストラの音」がします。

063-グノー:歌劇「ファウスト」(DVD) エチュアン/NHK交響楽団(1973年) NHK    KIBM1021
NHKがイタリア歌劇を招聘していた時期の貴重な映像の一つ。グノーのこの歌劇は、しかし、バレエ音楽を除いて、いまだに隠れた名品であるのが惜しまれます。バレエ音楽もかつては随分演奏されましたが、最近あまり聴きません。

064-ショパン名曲集 ルービンシュタイン(Pf.) RCA---これもどこかに・・・(--;

065-リスト「ファウスト交響曲」 シノポリ/シュターツカペレ・ドレスデン Deutsche Grammophon    476 219-5

066-ドニゼッティ「マリア・スチュアルダ」(DVD) カルミナーティ/ベルガモ・ドニゼッティ劇場 DYNAMIC    33407N
・・・このオペラは、凄い!

067-ブラームス交響曲全集 ヴァント/北ドイツ放送交響楽団 RCA    BVCC-38158-59
ブラームスの交響曲全集は、フルトヴェングラー、ケンペのものも大好きなのですが、ヴァントのこの録音ほど、透き通った海を思わせる演奏はない、と、驚かされました。

068-ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」 カルロス・クライバー/バイエルン放送響 Deutsche Grammophon

069-チャイコフスキー:交響曲第5番 ムラヴィンスキー/レニングラードフィル DREAMLIFE  DLCA 7017
ショスタコーヴィチの5番(後掲)とともに、彼が何度も録音したりライヴ演奏した中で最良の演奏だと思います。

070-チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」 カラヤン/NHK交響楽団 Deutsche Grammophon
NHK交響楽団とどさ回りしたカラヤンの貴重な録音。

071-ドヴォルジャーク:交響曲第9番「新世界より 」フリッチャイ/ベルリンフィル Deutsche Grammophon

072-ブルックナー:交響曲第5番 ヴァント/北ドイツ放送響 RCA    09026 68503 2

073-ブルックナー:交響曲第8番 チェリビダッケ/ミュンヘンフィル EMI    TOCE-11619-20

074-ブルックナー:交響曲第9番 シューリヒト/ウィーンフィル EMI    TOCE-14023
ブルックナーはウィーンでは自作がどう響くように願っていたのでしょうか? 本当の意味でそれを考え、想像させてくれる貴重な録音です。

075-マーラー:交響曲第4番 フォン・シュターデ(Sp.)/アバド/ウィーンフィル Deutsche Grammophon
アバドの新録音よりも、いろいろな意味で、この曲の良さを引き出していると感じます。フォン・シュターデの、抑制された声がまた、私にはとても魅力的です。

076-マーラー:「大地の歌」 ヘフリガー他/ワルター/ニューヨークフィル SONY
ウィーンンフィルとのモノラル録音を押す人が多いのですが、私の主観はこちらを愛します。

077-ヴォルフ:22 Lieder シュワルツコップ(Sp.)/フルトヴェングラー(Pf.) EMI   7243 5 67570 2 8
フルトヴェングラーがピアノ伴奏をしている、資料的にも貴重な録音。

078-ボロディン:弦楽四重奏曲第2番 ボロディン弦楽四重奏団 LONDON
・・・鋼鉄の響きがします。音程もニュアンスも、これだけピッタリ合ったアンサンブルを聴けるのは、この団体ならではでした。ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲の全集もまた、同様の素晴らしさを見せつけてくれます。

079-ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ラフマニノフ(自演)/オーマンディ/フィラデルフィア管 RCA  BVCC-5115
手の大きかったラフマニノフは、この協奏曲を「ほんとはこんなふうな静粛さで聴かせたかったんだろうな」と思わせられます。

080-ラフマニノフ:交響曲第2番 プレヴィン/ロンドン交響楽団 EMI
プレヴィンによる、この交響曲復活のきっかけとなった記念碑的録音。その後のロイヤルフィルとの録音よりも優れています。

081-R.シュトラウス:交響詩「ドン=キホーテ」 R.シュトラウス(1941年自作自演)バイエルン州立管弦楽団 DANTECD  LYS394
何種類も残っているR.シュトラウスの自作指揮の録音は、どれを聴いても面白いですけれど・・・せっかくですから「ドン=キホーテ」を是非聴きたいと思ったのでした。

082-R.シュトラウス:「バラの騎士」 エーリヒ・クライバー LONDON---iPodには入れてあるのに。(T_T)
息子も名録音を残していますが・・・オヤジさんのほうがムーディだなあ。

083-ベルク & シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲 シェリング/クーベリック/バイエルン放送響 他 Deutsche Grammophon 469 606-2
・・・実は、ベルクの協奏曲をウェーベルン指揮によるもの(古いモノラル)やズーカーマン/ブーレーズ(SONY)のもので愛聴していたのですが、これはシェーンベルクの協奏曲とカップリングされており、これまたいい作品だと思っておりますので、以後これを聴いております。

084-ウェーベルン:管弦楽曲全集 ブーレーズロンドン交響楽団、ジュリアード弦楽四重奏団(旧録音)"SONY   SM3K 45 845

085-ドビュッシー:ピアノ作品集 ドビュッシー(自演)Pierian    0001

086-レスピーギ、カゼルラ:自作自演集 レスピーギ、カゼルラ(Pf.)"Pierian    0024

087-ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲 他 クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団(東京公演ライヴ)ALTUS    ALT-004~5
「ダフニス」の出だしで、本当に鳥がさえずり、飛び立つのが見える演奏は、聴いた限りこれをおいて他にはありませんでした。実演を耳にした人のお話では、音が鳴りだすのが聞こえる前に東京文化会館のホールの空気が揺れたそうです。

088-ストラヴィンスキー:「火の鳥」他(DVD) ストラヴィンスキー/NHK交響楽団TDK---みつからない!
ストラヴィンスキーの指揮姿が見られるだけで、もう楽しい!

089-ガーシュウィン:歴史的録音集 ガーシュウィン他RCA    TWCL 3007

090-ヴォーン=ウィリアムス「トーマス・タリスの主題による幻想曲」 バルビローリ/シンフォニア・オブ・ロンドンEMI  DE33-5245
この作品の、最も美しい演奏。

091-バルトーク:BARTOK plays BARTOK バルトーク他Pearl  GEM 0179

092-バルトーク:ヴァイオリンソナタ シゲティ(Vn.)/バルトーク(Pf.) DENON  COCQ-83796
上記2枚、バルトークが美しい音のピアノを弾いていたことを聴かせてくれる貴重なものです。シゲティのヴァイオリンも素晴らしい。

093-ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ムラヴィンスキー/レニングラードフィル(1982)DREAMLIFE   DLCA 7017
チャイコフスキー第5を参照下さい。

094-ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ムラヴィンスキー/レニングラードフィルBBC    BBCL 4002-2
本作のイギリス初演の時のライヴ録音です。客席の咳払いが多いのが難点ですが、オーケストラは委細構わず、非常に緊張度の高い演奏をしており、凄みに身震いを覚えます。

095-メシアン「鳥のカタログ」ウゴルスキ(Pf.)Deutsche Grammophon  POCG-1751/3
メシアン夫人のイヴォンヌ・ロリエによる録音の方が作品の持つ優しさをよく聴かせてくれるのですが、単発での発売がなかったと思います。ウゴルスキは、イヴォンヌとは異なった男性的アプローチで聴かせてくれます。イラスト冊子が付いてくるのと、丁寧な解説のリーフレットがあるのが、作品理解を助けてくれるので、こちらを選びました。

096-矢代 秋雄:ピアノ協奏曲岡田博美(Pf.)/湯浅卓雄/アルスター管弦楽団NAXOS  8.555351J
名作だと思います。

097-武満 徹:「鳥は星型の庭に降りる」小澤征爾/ボストン交響楽団Deutsche Grammophon

098-タン・ドゥン:歌劇「マルコ・ポーロ」タン・ドゥン(cond.)/オランダ放送室内管SONY  SRCR 1881-2
彼の作品ではヴァイオリン協奏曲「京劇を出て」と"Death and Fire"が、私は最も好きですが、このオペラのほうがタン・ドゥンという人の基本的な語彙を豊富にちりばめているかと思い、こちらを選択しました。

099-ウンスク・チン:作品集Ensemble Intercontemporain他Deutsche Grammophon    00289 477 5118
韓国の、いまやベテランにして最大の女流作曲家でしょう。作品は平明で聴きやすいと思います。

バロックを1枚、追加させて下さい。・・・クセナキスやシュニトケじゃなくて。

100-「バロック・リュートの音楽」ミヒャエル・シェファー(バロック・リュート)SEON (SONY)    SRCR 2111
日本を愛し、日本人の奥さんとご結婚なさっていた天才リューティストです。惜しくも早世なさったのですが、お詳しいかたから、彼は奈良に分骨のお墓を持っていると聞きました。

私のリストは、以上です。
これと、市販本の傾向とを比較して考察していきたいと思っております。


L4WBanner20080616a.jpg


クラシックCD・書籍検索に便利!バナーをクリックして下さい!


sergejOさんの記事の便利なインデックスも是非ご活用下さい。

|

« 私個人の愛聴盤100(前半!):音楽の愛し方14前フリ(1) | トップページ | CD本、読みますか?:音楽の愛し方14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私個人の愛聴盤100(後半!):音楽の愛し方14前フリ(2):

» ケンプ [CD DVD 通販]
欲しい物が必ず見つかります♪ [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 23時41分

» ショパン [CD DVD 通販]
欲しい物が必ず見つかります♪ [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 23時59分

« 私個人の愛聴盤100(前半!):音楽の愛し方14前フリ(1) | トップページ | CD本、読みますか?:音楽の愛し方14 »