« 音楽の愛し方:2〜怖れからの出発 | トップページ | 音楽の愛し方3:降りてくるものを »

2009年9月 2日 (水)

大井浩明さん「バッハは世間に自分のことをどう思って欲しかったか」

大宮光陵高等学校管弦楽団第23回定期演奏会は9月5日です!



大井浩明さん、BSに登場です!下記リンクをクリック、是非お見逃し無く。
8月5日(BS hi)終了・9月15日(BS2)

増井 一友さんリサイタル(クラシックギター)、11/21(土)東京:近江楽堂 5時開演 、11/28(土)大阪:ザ・フェニックスホール 5時開演です。素晴らしい音色をお楽しみ下さい!

「大井さんを次に採り上げる時は、BSで放送される内容について少しポイントを」と思っておりましたが、大変意義深い演奏会の詳しい情報がご本人のブログに掲載されましたので、こちらが先になりました。


「バッハは世間に自分のことをどう思って欲しかったか」
 http://ooipiano.exblog.jp/11893329/

なんと、3日間で、バッハのクラヴィア練習曲集第1巻から第4巻までを演奏してしまうという、とてつもない試みです。同時に、まるでバッハと対話するかのように演奏される現代邦人作曲家の音楽も聞き逃せません。

第1日目だけはオルガン演奏であり、<京都の秋 音楽祭>の一環として行なわれるので場所が違いますけれど、可能な方には3日間通しでお聴きになることをお勧め致します。(第1日目は京都、第2、3日目は芦屋です。)

プログラム内容だけでも膨大ですので、私の記事は日程と曲目を写させて頂くに留めます。
クラヴィア練習曲集の意義については、時間がある時に補記したいと存じます。

詳しい内容は上記リンクにて大井さんご自身が綴っていらっしゃるところをご参照下さい(曲目解説もあります)。会場については、各名称のところにリンクを貼っておきます。



【第1日】J.S.バッハ: クラヴィア練習曲集第3巻〈オムロン・パイプオルガン・コンサートシリーズVol.39〉
<京都文化祭典'09〜Kyoto Art Festival〜>京都の秋 音楽祭
2009年9月19日(土) 開場昼12:00 開演13:00
京都コンサートホール大ホール Tel.075-711-2980
一般:1,000円 高校生以下:500円 (全席自由)

プログラム

a.  J.S.バッハ:小フーガ ト短調 BWV 578

b-1  J.S.バッハ:クラヴィア練習曲集第3巻(ドイツ・オルガン・ミサ)より
前奏曲(プレリュード) 変ホ長調 BWV 552, 1

b-2. 同 【ドイツ・ミサ曲】
キリエ、永遠の父なる神よ BWV 669
キリストよ、世の人すべての慰め BWV 670
キリエ、聖霊なる神よ BWV 671
いと高きところには神にのみ栄光あれ(小コラールならびに大コラール) BWV 676/677

c.  三宅榛名:オルガン独奏のための《風の夜》(2007、関西初演)

(休憩 15分)

b-3.  同 【教理問答コラール集】
これぞ聖なる十戒(小コラールならびに大コラール) BWV 678/679
われらみな一なる神を信ず(小コラールならびに大コラール) BWV 680/681
天にましますわれらの父よ(初期稿による小コラールならびに大コラール) BWV 682/683a
われらの主キリスト、ヨルダンの川に来たり BWV 684
深き悩みの淵より、われ汝に呼ばわる BWV 686
われらの救い主なるイエス・キリストは BWV 688


b-4.  5声のフーガ 変ホ長調 BWV 552, 2



【第2日】J.S.バッハ: クラヴィア練習曲集第1巻 (チェンバロ)
2009年9月20日 (日) 16:00 開演 (15:30 開場)
山村サロン(JR芦屋駅前ラポルテ本館3F) tel. 0797−38−2585
当日券のみ・全自由席3000円
《6つのパルティータ》 BWV 825-830
第1番変ロ長調 BWV 825
 前奏曲 - アルマンド - クーラント - サラバンド - メヌエット I & II - ジーグ
第2番ハ短調 BWV826
 シンフォニア - アルマンド - クーラント - サラバンド - ロンド - カプリチオ
第3番イ短調 BWV827
 ファンタジア - アルマンド - コレンテ - サラバンド - ブルレスカ - スケルツォ - ジーグ
等々力政彦:《豊かな森 Bai-la Taigam》 〜イギル+チェンバロ+ホーメイ(喉歌)のための(2009、委嘱初演)
(休憩)
第4番ニ長調 BWV828
 序曲 - アルマンド - クーラント - アリア - サラバンド - メヌエット - ジーグ
第5番ト長調 BWV829
 前奏曲 - アルマンド - コレンテ - サラバンド - テンポ・ディ・メヌエット - パスピエ - ジーグ
第6番ホ短調 BWV830
 トッカータ - アルマンド - コレンテ - エアー - サラバンド - テンポ・ディ・ガヴォッタ - ジーグ


【第3日】J.S.バッハ: クラヴィア練習曲集第2巻+第4巻 (チェンバロ)
2009年9月21日 (月・祝) 16:00 開演 (15:30 開場)
山村サロン(JR芦屋駅前ラポルテ本館3F) tel. 0797−38−2585
当日券のみ・全自由席3000円
《イタリア協奏曲》 ヘ長調 BWV 971
《フランス風序曲》 ロ短調 BWV 831
  序曲 - クーラント - ガヴォット I&II - パスピエ I&II - サラバンド
  - ブーレ I&II - ジーグ - エコー
佐野敏幸: チェンバロ独奏のための《GRS(ガレサ)》(2009、委嘱初演)
(休憩)
《ゴルトベルク変奏曲》 ト長調 BWV988(前半)
  アリア - 変奏 1 - 変奏 2 - 変奏 3 ( 1度のカノン)
  - 変奏 4 - 変奏 5 - 変奏 6 ( 2度のカノン)
  - 変奏 7 - 変奏 8 - 変奏 9 (3 度のカノン)
  - 変奏 10 (フゲッタ) - 変奏 11 - 変奏 12 (4度のカノン)
  - 変奏 13 - 変奏 14 - 変奏 15 (5度のカノン)
川上統: チェンバロ独奏のための《花潜(ハナムグリ)》(2009、委嘱初演)
《ゴルトベルク変奏曲》 ト長調 BWV988(後半)
  - 変奏 16 (序曲) - 変奏 17 - 変奏 18 (6度のカノン)
  - 変奏 19 - 変奏 20 - 変奏 21 (7度のカノン)
  - 変奏 22 (Alla breve) - 変奏 23 - 変奏 24 (8度のカノン)
  - 変奏 25 - 変奏 26 - 変奏 27 (9度のカノン)
  - 変奏 28 - 変奏 29 - 変奏 30 (クオドリベット) - アリア・ダ・カーポ



L4WBanner20080616a.jpg


クラシックCD検索に便利!バナーをクリックして下さい!「のだめ」もまとめてメッかります。


sergejOさんの記事の便利なインデックスも是非ご活用下さい。

|

« 音楽の愛し方:2〜怖れからの出発 | トップページ | 音楽の愛し方3:降りてくるものを »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井浩明さん「バッハは世間に自分のことをどう思って欲しかったか」:

« 音楽の愛し方:2〜怖れからの出発 | トップページ | 音楽の愛し方3:降りてくるものを »