« 「チャリティ」とは何か・・・アマチュア演奏考としての | トップページ | 「学説」はどこまで参考になるか »

2009年5月28日 (木)

蓮見岳人さん参加CDご紹介

ケルンで活躍中の蓮見岳人・阿部千春デュオリサイタル(リュート&バロックヴァイオリン)、是非お出掛け下さい。
静岡(7月22日)・東京公演会場(7月22日)が決まりましたので、追記しました。
その他、最新情報は追加でお知らせします。


リュート単独のCDは、中世・ルネサンス・バロックコーナーのあるショップでないと入手できないのが現状ですし、コーナーがあっても、品数はまだまだ多くはありません。
残念ながら、私もまだ、リュートソロのCDは2種類しか入手できていません。

でもって、もっと残念なのは、7月にバロックヴァイオリンの阿部千春さんとデュオリサイタル(室蘭・東京・静岡・名古屋・京都・天理)をなさる蓮見岳人(はすみ やまと)さんのソロCDは、まだ出ていないということです。

リサイタルの速報記事でご紹介したリンク
http://www.myspace.com/yamatohasumi

で、蓮見さんの奏でる流麗ながら深みのある音楽をお聴き頂けますので、是非覗いて頂きたい、というのが、私の最大の希望です。

蓮見さんは活躍場所も広く、ドイツ・オランダでは大きな信頼を得て、様々な録音に参加なさっているのですが、リュートの性質上、オーケストラや室内楽の通奏低音を受け持つというかたちでのご活躍でもあり、蓮見さん単独の音はなかなか聴けません。
室内楽へのご参加録音についてもご紹介したいのですが、ご自分に厳しくていらっしゃるので、自薦盤がありません。

で、ご意向にそぐわないのもどうかと思いますので、今回はオペラやオラトリオの演奏に参加なさっているもので、日本でも入手できるCDを中心に絞って3つご紹介します。外国盤については、下にリンクしますSergejOさんの頁の「検索ワード」に原題をコピー・ペーストしてお探し頂くことをお勧めします。(Amazon.co.jpの方ではなく、Amazon.comの「CD」方をクリックして検索して下さいね。)


※ ヘンデル「アルゴスのジュピター」 Giove in Argo (Jupiter in Argos)
Gioveinargo_2

Musicaphon B000VLLYD0

蓮見さんご自身はすすめて下さってはいないのですが、リュートの音は良く聞こえるそうです。私もいずれ拝聴したいと思っております。日本のアマゾンからでも入手できますが、今は品切れ中とのことです。



※ヘンデル「エジプトのイスラエル人」Israel in Egypt
Israel_2

  Brilliant Classics BRL93131

私はこれを店頭で見つけて大喜びで入手したのですが、悲しいかな、リュートは実音としてはほとんど聞こえません。ですけれど、通奏低音がチェンバロだけで行なわれているよりもオーラがかかって聞こえます。リュートが加わる「チカラ」って、こういうものなんだろうな、と、素人感慨で喜んでいます。(実況で、録音機材は最少限のものだったようですから、遺憾に思います。)日本のアマゾンでの状況は「アルゴスのジュピター」と同様です。


より知って頂くためには室内楽が良いのですが、次のものがいいでしょう。

※Roma(6月19日発売)
Roma_2

http://www.amazon.de/Roma-Alte-Musik-K6;ln/dp/B0026RQ16W/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1243282827&sr=1-1

Myrios B0026RQ16W

・・・これは、来月発売ですので、ドイツのアマゾンへのリンクを掲載しておきます。
もっと入手し易くなる可能性もあります。


先のページやご紹介CDで、是非、蓮見さんのリュートの素晴らしさを知って頂き、7月の各地での演奏会にお出掛け下さるようでしたら、ご損はないことを請け合います。

SergejOさんの検索ページのリンクは下記のとおりです。
http://look4wieck.com/

本日は、ご紹介まで。


L4WBanner20080616a.jpg


上記と同じページへのリンクです。バナーをクリックして下さい!


sergjOさんの記事の便利なインデックスも是非ご活用下さい。

|

« 「チャリティ」とは何か・・・アマチュア演奏考としての | トップページ | 「学説」はどこまで参考になるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓮見岳人さん参加CDご紹介:

« 「チャリティ」とは何か・・・アマチュア演奏考としての | トップページ | 「学説」はどこまで参考になるか »