« 曲解音楽史58:清代の豊かさ | トップページ | 「J.S.バッハ」は現代浪漫派である(1) »

2009年4月28日 (火)

終了:齋藤友美賀ヴァイオリンリサイタル

お客様の入りも良く、我が事のようにうれしかったです。

曲目は、

・エルガー:朝の歌 作品15 第2番
・ヘンデル:ソナタホ長調 HWV373
・ルクレール:ソナタニ長調(最も有名なもの)
・サン=サーンス:ハバネラ 作品83
・フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調

アンコールは
・クライスラー:ベートーヴェンの主題によるロンディーノ、愛の悲しみ
・J.S.バッハ:「主よ、人の望みの喜びよ」

彼女にふさわしい曲ばかりでした。
伴奏の矢田佳子さんも、アシスタントをなさった方も、本当にお疲れさまでした。

齋藤さんは、美音でもあり、歌も豊かに持った人です。

初リサイタル・・・もったいない!

これを機に、是非場数を重ねて、本領をいっそう発揮して下さったら嬉しく思います。

極めて簡単ですが、あとは言葉にならず。

|

« 曲解音楽史58:清代の豊かさ | トップページ | 「J.S.バッハ」は現代浪漫派である(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208675/44827292

この記事へのトラックバック一覧です: 終了:齋藤友美賀ヴァイオリンリサイタル:

« 曲解音楽史58:清代の豊かさ | トップページ | 「J.S.バッハ」は現代浪漫派である(1) »