« 曲解音楽史56)ドイツ圏での音楽ジャンル規定 | トップページ | ルネサンス仮説の見直し:曲解音楽史番外 »

2009年3月 8日 (日)

齋藤友美賀 ヴァイオリンリサイタル

心臓移植への応援の願いサイト「大樹君を救う会」
http://savedm.web.fc2.com/
・・・是非、お目通し下さい。



大宮光陵高校管弦楽部がSONYのウォークマン"Play You"のCMに12月13日から出演しています!

Yumika

武蔵野音大卒、ザルツブルクモーツァルテウムでクラス受講し終了演奏会に参加の後、ウィーン国立音楽大学にてメルクス氏(レオンハルトとの共演等で有名)に師事、モダン・バロックの両ヴァイオリン奏法を学び、師との共演も経験した逸材が、満を持してのリサイタルです。

伴奏の矢田佳子さんも、武蔵野音楽大学大学院を終了した同窓生。イタリア・シエナにてバドゥラ=スコダの教えを受けた、これも素晴らしいピアニストです。

帰国後も地道に研鑽を積み続け、現場経験も豊富に積み重ねた彼女が、驚いたことに、本格的なリサイタルは初めて開催するのですが、すでに売れている人ともまた違い、かつまた「新人ヴァイオリニスト」では味わえない、初々しいだけではない、充実した音楽を聴かせてくれるもの、と、期待しております。

日時:2009年4月28日(火)、開演19:00(開場は30分前)
場所:ルーテル市ヶ谷センター
曲目:彼女の個性にぴったりの、美音と歌が生きた、聴きやすいものばかりです。
    ・ヘンデル  ヴァイオリンソナタ ホ長調
    ・ルクレール ヴァイオリンソナタ ニ長調
    ・フランク  ヴァイオリンソナタ
     その他

彼女らしく、宣伝も大袈裟に行ないませんので、チケットお問い合わせは(私が勝手に、なのですけれど)当ブログでもお引き受けすることにしました。全席自由で、料金は3,500円だそうです。

コメントを下さる際にメールアドレスを入力してお知らせ下さい。
(コメント本文には、チケット希望の旨、必要枚数のみご記入下さい。メールアドレスはコメント上には表示されません。また、私が確認したあと、コメントは削除致します。コメントにて上記メッセージを頂きましたら、折り返しご送付先等を伺うメールを差し上げます。)


L4WBanner20080616a.jpg

クラシックCD検索に便利!バナーをクリックして下さい!

sergjOさんの記事の便利なインデックスも是非ご活用下さい。

|

« 曲解音楽史56)ドイツ圏での音楽ジャンル規定 | トップページ | ルネサンス仮説の見直し:曲解音楽史番外 »

コメント

kenさん、
 友美賀さんのリサイタル案内を読んで、これは行かねばと思いました。1枚確保願います。

投稿: takaishi | 2009年3月21日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208675/44284019

この記事へのトラックバック一覧です: 齋藤友美賀 ヴァイオリンリサイタル:

« 曲解音楽史56)ドイツ圏での音楽ジャンル規定 | トップページ | ルネサンス仮説の見直し:曲解音楽史番外 »