« シューマン「交響曲第4番」:東京ムジークフロー12月27日演奏会の音2 | トップページ | ガスマンの弦楽四重奏曲から :好きな曲-番外 »

2009年1月10日 (土)

「めんどり」:東京ムジークフロー12月27日演奏会の音3

心臓移植への応援の願いサイト「大樹君を救う会」
http://savedm.web.fc2.com/
・・・是非、お目通し下さい。



大宮光陵高校管弦楽部がSONYのウォークマン"Play You"のCMに12月13日から出演しています!

昨年12月27日(土)に行なわれましたTOKIO MUSIK FROH特別演奏会の演奏の、最後の掲載です。
先に音だけ掲載しておりました。

何度も聴くうち、むしろ自分の積年の欠点が団員各位に迷惑をかけているような気がして来て、ちょっとコメントを入れる気力が萎えました。

切り込み隊長をやってアインザッツ(出の揃い)を狂わせたり(第3楽章メヌエット主部、とくに前半・後半の繰り返しの際)、せっかくオーボエがテンポを保っているのに歌い込み過ぎて遅くなったり(第1楽章第2主題部)、4楽章のフィナーレのスピード感を落としたのも、「三連符を急ぎ過ぎてはいけない」とブレーキがかかっているのも、全ての原因は全部自分にあり、責任も自分にあるのではないかな・・・そんな思いに強く囚われております。ヴィブラートも、十代からのクセが未だに直っていない自分自身を随所に発見させられます。やはり、ハイドンやモーツァルトは、私ごときにもまだまだ敷居が高いんだなあ、とあらためて感じました。

ナマイキを許されたのであれば、
「細かい動きは私に合わせて下さい。聞こえなければ指を見てもタイミングを合わせて下さい」
なる発言をしようかと思っていたのです。
これは、私が学生時代、先輩に口を酸っぱくして言われたことです。

「音のタイミングを合わせるためには、<その他大勢>の気持ちは捨てろ。聞こえないのならパートのトップの指を見ても合わせろ。勝手に、自分の目から見える指揮者に合わせるのではダメだ。<指揮者に合わせているトップに合わせる>んだ!

他のどこのパートが自分のパートと連動しているのかに耳を傾けろ。そしてはやく発見しろ。そしたら今度は、そのパートのトップの指の動きを見ろ。管と弦とでは距離がある。目を使うことも大切だ。みんな、それを案外忘れている。」

あらかじめスコアがあるのであれば、それで研究することもできます。演奏会でやる場合にはだいたいみなさん、スコアを用意します。・・・なんのために用意しているのか、は意識なさらずに!

本当は、スコア以前に、まず「発見」に努める「耳」が必要です。
そのあたりが欠落したまま本番を迎えることは毎度のことですし、今回新しく申し上げなければならない類いの話ではありません。

また、「古典」は音程が独りでも外れると脆く崩れるのがハッキリ分かって、コワいですねえ、とのご指摘は、聴きにいらして下さった方が率直に仰って下さったことです。
この「音程」が崩れているのもファーストヴァイオリンである部分が圧倒的に多く、やはり私の「切腹もの」であります。
私は十代後半に「音程が演歌のものだ」と指摘され(これは、音程の間隔が狭い、という意味とほぼ近いものです)、学生時代の4年間をかけて矯正しましたが、その結果、今度は逆に上の方に行くと高くなり過ぎるクセがついてしまったようです。それが、ポジション取りに迷っている他のパート内のメンバーに波及し、私の音程を軸に強く弾いてしまい、せっかく安定しているセカンドヴァイオリンの音程との間に齟齬を生じさせる結果となっております。

以上、ハイドンについては、私の全責任がこの結果である、と、団員およびお客様にお詫びをしなければならない、という結論に達しました。

さらに勉強を重ねていく所存ですので、なにとぞご容赦下さいませ。

以上で、シューマンのコメントの際に保留していたことのうち、ニュアンスについて以外は尽くしました。ニュアンスの問題はJIROさんが「マイスタージンガー」を丁寧に聴いて下さり、事細かにコメントを入れて下さいましたので、とくに団員諸氏にお読み頂きたく思っております。録音で聞こえる演奏からの印象としては客観的ですし、妥当だと感じております。

また、演奏会全体への感想は、実際に聴いて下さったsergejOさんが、ご自身のブログにわざわざ記事を綴って下さっています。併せてご参照下さい。

・・・以上の前提でお聴き下さり、ご評価頂けましたら幸いに存じます。

・第1楽章

・第2楽章

・第3楽章

・第4楽章


L4WBanner20080616a.jpg

クラシックCD検索に便利!バナーをクリックして下さい!

sergjOさんの記事の便利なインデックスも是非ご活用下さい。

|

« シューマン「交響曲第4番」:東京ムジークフロー12月27日演奏会の音2 | トップページ | ガスマンの弦楽四重奏曲から :好きな曲-番外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208675/43695365

この記事へのトラックバック一覧です: 「めんどり」:東京ムジークフロー12月27日演奏会の音3:

« シューマン「交響曲第4番」:東京ムジークフロー12月27日演奏会の音2 | トップページ | ガスマンの弦楽四重奏曲から :好きな曲-番外 »