« ハイドンほど大胆ではない:TMF演奏会を前に-3 | トップページ | ありがとうございました:TMF演奏会 »

2008年12月26日 (金)

TMF演奏会お越し下さい/ヘタクソ自作クリスマス/ヤモメ3周年

Tokiomusikfroh200812特別演奏会東京ムジークフロー演奏会(12/27)、是非お越し下さい。(バナーはsergejOさんがご好意で作って下さったものです。)
http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/1227-22d9.html


心臓移植への応援の願いサイト「大樹君を救う会」・・・是非、お目通し下さい。
http://savedm.web.fc2.com/


大宮光陵高校管弦楽部がSONYのウォークマン"Play You"のCMに12月13日から出演しています!
http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/sony-play-youcm.html


明日、私の所属する東京ムジークフローの演奏会がございます。詳しくは上記にリンクを貼った記事をご覧下さい。交通至便の上野から近い会場(正確には入谷)。入場無料ですので、どうぞふるっておこし下さい。曲目は

  ・ヴァーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
  ・ハイドン:交響曲第83番ト短調「めんどり」
  ・シューマン:交響曲第4番

手作りのプログラムでは、私の日々のブログとは違って、団員各位による「分かりやすい!」曲目解説がお読みいただけます。心よりお待ち申し上げております。


イヴの日に、ヘタクソなクリスマス音楽を自作しました。
http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-0a48.html

・・・聴きなおすたび、「うーん、センスねえ。。。(^^;)」なのではありますが、クリスマス期間は新年を越えても続きます!食欲を喪失しない程度にお聴き頂ければ幸いです。(なお、頭の中だけで作っちゃったので、とくに1曲目、和音にお聞き苦しい点があるのはご容赦下さい。・・・この曲、「蛙の歌」をもじって仕立てたものです!)


家内が死んで丸2年経ちました。
その直後から春先にかけて感情が乱れたまま綴った記事を大幅に削除したため、ブログ上では家内の登場は減ってしまったのですが、思い出となる記事は5月にリンクを貼りまくった記事を掲載しました。
http://ken-hongou.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_24df.html

個人的に、思いを深くして綴ったのは「雪景色・・・ラフマニノフ」
http://ken-hongou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_56b1.html
という文章です。

この2年、いろいろな葛藤あり、反面喜びあり、と、ドタバタ過ぎましたが、とくに子供たちの成長振りが発揮された喜びの場では「カカアも見てるかなあ」という思いを常に持ち続けていました。先日、三回忌供養を済ませて、なんとか自分も自分自身を振り返られるようになってきたかな、と感じるようになり始めたところです。 何よりも思い知ったことは、

「人というものは、一人一人が(表面的な言動の有無に関わりなく)<信じる>ものを持っているのだな」

「それは(自分も含めて、ですが)無意識に各々の心の底にこびりついているものであって、人と接するときには、まずこちらの<信じる>ことは捨てる覚悟で・・・「踏絵」を踏むことも辞さず、そのことで蔑まされることもやむなしとし・・・相手が何を信じているかを汲み取らなければならないのだな」

「それでもなお、相手のかたを含め、すべての人が満足や幸せを得ることは出来ないのだな」

ということどもでした。
思い知り、ひとつひとつの課題をクリアしていく中で、当面の最後に残ったのが、
「自分自身をどう支えたらいいのか」
で、これには迷いました。
ですが、それも助けを得て、職場に迷惑をかけがちだった業務中の体調・精神不安定からも、だいぶ開放されました。

おかげさまで、私と子供たち二人、日々「漫才」のようなやり取りだらけで過ごしており、家内の生前からの「お笑い一家」方針は崩れずに守られております!


なお、JIROさんがご自身のブログに、家内のために音楽集をアップしてくださいました。心から御礼申し上げます。JIROさんとは家内の死の半年前に知り合ったばかりでした。その半年のあいだに私のような者をもとても大切に扱って下さり、視野の狭い私の目を開いて下さることも多く、ようやく親しくお付き合いさせて頂くようになったばかりの頃のことでしたが、未だにこのように大事にして下さるのには、ただ感謝を持ってするしかありません。同じく、メール等を通じて当時から私を励まして下さっている数人のかたにも、この場であらためて感謝を申し上げます。

|

« ハイドンほど大胆ではない:TMF演奏会を前に-3 | トップページ | ありがとうございました:TMF演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208675/43534446

この記事へのトラックバック一覧です: TMF演奏会お越し下さい/ヘタクソ自作クリスマス/ヤモメ3周年:

« ハイドンほど大胆ではない:TMF演奏会を前に-3 | トップページ | ありがとうございました:TMF演奏会 »